【23卒】ES添削 デサント ソフトボール

目次(クリックするとジャンプします↓)

1.概要
2.Before
3.After
4.添削ポイント
5.お勧めのES添削サービス

概要

企業名 デサント
カテゴリー インターンシップのエントリーシート
添削者 元野勝広

Before

Q. インターンシップへの参加目的・意気込み(400字)
私は小学校2年生から現在まで約13年間ソフトボールを続けてきました。その中で感じたのはグローブやスパイク、ウェア等の用品から受ける恩恵はとても大きいということです。

私がスポーツ用品に受けた恩恵を次は私が提供する側になり人々の挑戦を支えることを成し遂げるために貴社のインターンシップの参加を希望しました。

私は「スポーツに携わりながら人々の生活を支えること」を成し遂げるために企業がどれだけ消費者に寄り添っているかという点を大切にしています。

また同業他社の中でも、貴社の企業理念である「一人一人のライフスタイルに貢献する」という展から私が企業に求めている点とマッチしていると考え貴社を志望いたします。

貴社のインターンシップに参加することができたら、最前線でご活躍なさっている先輩方の業務への熱意を肌で感じ、本選考にも活かしたいと考えます。

After

参加目的は、私がスポーツ用品に受けた恩恵を提供する側になり人々の挑戦を支えることを成し遂げたいからです。

小学2年生の時から現在まで約13年間ソフトボールを続けてきましたが、1度だけ公式戦の前に道具の手入れを怠ってしまったことでその試合でミスをしてしまい道具は身体の一部であると言うことを心に刻みました。

次に意気込みですが、私は貴社に入社後「営業はこいつに任せた」と思ってもらえるような営業マンになりたいと考えています。そこでインターンでは、社員に求められている要素は何かを理解し、入社後の活躍イメージを具現化したいと思います。

またインターンでは、採用サイトに掲載されている内容や説明会だけではわからない社内の雰囲気を肌で感じることができるのではないかと期待しています。

添削ポイント

ポイント1.結論から書く

    文中に「インターシップの参加目的は~」「次に意気込みですが~」とそれぞれ書くことで、読み手がスムーズに読めるようにした。また「~」に続く文章は結論から書いた。

ポイント2.独自の経験を書く

    参加目的では「小学2年生の時から現在まで約13年間ソフトボールを続けてきましたが、1度だけ公式戦の前に道具の手入れを怠ってしまったことでその試合でミスをしてしまい道具は身体の一部であると言うことを心に刻みました。」と自分の経験を端的に書いた。経験=自分独自の内容なので、誰にでも書ける使い回しの文章感が消え、印象に残り易いオンリーワンの文章になる。加えて知性が伝わり易いように「13年間」や「1度だけ」など具体的な数字を入れた。さらに失敗経験をさらけ出すことで、無機質な文章から人間味のある文章にした。文章からあなたの体温が伝われば、読み手があなたに「会いたい」と思う確率は高くなる。

ポイント3.意気込みを具体的な目標に置き換えて表現

    意気込みでは「営業はこいつに任せた」と口語表現を入れることで、営業で活躍したい熱意をPR。さらに「インターンでは、社員に求められている要素は何かを理解し、入社後の活躍イメージを具現化したいと思います」の文章で、意気込みを具体的な目標に置き換えて表現した。また「求められている要素は何かを理解し」と書くことで、ニーズに応えようとする人間だということをPR。

お勧めのES添削サービス

coming soon…