【22卒】合格エントリーシート KDDI アメフト

Q. KDDIで実現したいことを教えてください。(400文字以下)

大きな変革を迎える現在の社会に対し、解決策を提供する事です。

タイ留学時に日立製作所のIOTルマーダセンターを訪問させて頂いた際、デジタル技術を通じ国家の課題を解決していく取組を拝見し、「ビジネスを通して社会の課題を解決していく事が、社会変革に繋がる」という可能性があることに驚き感動を覚えました。

貴社へ入社しグローバルな視野でデジタル技術を活用し、社会が抱える課題に対し解決策を提供したいと思ったのと、「社会の急速な変化に、より本質を見極めたソリューションが必要である」と貴社の社員から伺ったことから、まさに私が大学のアメフト部でスカウティングという対戦校の分析を4年間毎日行ってきた経験が活かせると考えます。対戦校のビデオからプレイの種類や意図を分析し、オフェンスチームの分析官として戦略立案を行い、試合での勝利に繋げてきました。この経験は、お客様・市場・競合他社の徹底分析から本質を見極めた最適なソリューション提案に活かせると考えます。

Q. あなたがチームで力を入れて取り組んだ経験について、ご自身の役割を含めて教えてください。(400文字以下)

大学のアメリカンフットボール部でポジションリーダーとして、勝てるユニットを作った事です。

前年度の敗戦から各々の能力不足を感じ、改善のため2つの取り組みを行いました。私自身、大学2年時から毎週PDCA表を作り、レギュラーになった経験から、後輩と週一回1時間面談を行いました。面談では問いかけ、自分で考えさせる事で、各々がPDCAを自然と回せる工夫をしました。

また全体練習以外では時間が限られるため、各々の考えを実践するための個人練習の時間が必要と考えました。自主練習の時間を設ける事にしましたが、突然練習を増やす事への反対が多かったです。そこで私は、自分が大学1年時の頃の主将を見ていて、「圧倒的な行動力は人を巻き込む」と学んだため、練習日は6時間以上、オフの日は4時間以上をアメフトに注ぎ、自主練習に人を巻き込みました。

これらの結果、私の学生最後の試合に勝利することができ、私のポジションからチーム史上初であるリーグ優秀選手を2人出す事ができました。

## KDDIの合格エントリーシート一覧を見る
## 情報通信系企業の合格エントリーシート一覧を見る
## アメフト部の合格エントリーシート一覧を見る
## 全ての合格エントリーシートを見る

◎この記事があなたのお役に立てたなら、ツイッターなどでコメントをもらえると嬉しいです↓