テイクアンドギヴ・ニーズ 内定者選考レポート 01


選考ステップ

  1. 会社説明選考会(エントリーシート提出)
  2. SPI(オリジナル)
  3. グループ面談
  4. マネージャー面接
  5. 先輩社員面接
  6. 部長面接
  7. 最終面接

面接内容(以下Qが質問、Aが回答)

グループ面談

1組学生5名:面接官1名。面接時間は60分程度。面接会場は式場。雰囲気はとても緊張感がある。質問は下記の通り。

Q. 自己紹介
Q. 就職活動の軸
Q. 志望動機
Q. 学生時代に力を入れて取り組んだこと

それぞれに同じ質問をしていくが、回答に対して3~5問さらに深掘りがある。内容がわかりにくかったり、曖昧な回答だとかなり突っ込まれます。

私が意識した点は、自信を持ってはきはき分かりやすく話すこと。また、答えにくい質問でも笑顔を絶やさないことです。面接官はしっかり話を聞いてくれるので、相手の目を見て話すことと周りの人が喋っているのときも相槌を打ちながらしっかり聞くことが大事かなと思いました。

マネージャー面談

学生1名:面接官1名(30代女性・式場支配人)。面接時間は45分程度。面接会場は式場。雰囲気は面接というよりは面談という感じで、私の回答に対して自分の考えやフィードバックなどをしてくれ、会話のキャッチボールのようでした。質問は下記の通り。

Q. 就職活動する上で大事にしていること
Q. 他にどのような企業・業界を見ているか
Q. ブライダルが良いと思ったキッカケ
Q. なぜブライダルの中でもT&Gか
Q. 学生時代に力を入れて取り組んだこと
Q. アルバイトで学んだこと
Q. 自分の人生の中で最も影響を受けた人
Q. 自分の長所 / 短所

私が意識したことは、自分を取り繕わずに話すことです。ブライダルで働く人は多くの新郎新婦と向き合ってきていて本当に人を見る目があるので、取り繕っていても確実にバレます。

この面談は本当に私の良いところを引き出してくれて、私自身としっかり向き合ってくれました。なので、ありのままの自分を出して挑んだ方が良いと思います。

先輩社員面談

学生1名:面接官1名(20代女性)。

選考ではなく、現時点での不安なことや聞きたいことを質問してそれに対して答えてくれるといった形でした。選考対象にはならないので、突っ込んだ話まで色々な話を聞くことができました。

部長面談

学生1名:面接官1名(40~50代男性・部長)。面接時間は45分程度。面接会場は式場。雰囲気はマネージャー面談と同じく穏やかで雑談のような感じで、私自身がどういう人かを見てくれました。質問は下記の通り。

(面接の前に若手の人事の方が前回のフィードバックなどをしてくれてアドバイスをくれます)
Q. 自分の今までの生い立ちについて気になったことを質問
Q. 家族について
Q. クロスについて
Q. 学生時代に力を入れて取り組んだこと
Q. 就職活動の状況
Q. T&Gの印象
Q. 今まで他の企業の選考を落ちた原因は何だと思うか
Q. 周囲からどんな人と言われるか、また、それについて自分ではどう思うか

以前の面接で、『自分の強みはもっと自信を持って押し出していくべき』と仰っていただいたので、自信を持ってはきはきと喋ることを意識しました。

最終面談

学生1名:面接官1名(50代女性・人事部長)。面接時間は1時間30分程度。面接会場は式場。

質問内容は、志望動機を聞くというより「その人自身のことを知る」為の質問でした。

私の場合は、30分程度面接した後、「是非あなたと働きたい、うちを選んで欲しい」と仰っていただき、不安な点や気になる点を解消する為の時間でした。

人事部長がパワフルな人!と聞いていましたが、実際想像の3倍を超えるパワフルさでした。自信がない感じで行くと100%圧倒されます。就活生と本気で向き合って下さっているからこそ、厳しいことを遠慮なく言われます。なので、自信を持って自分の考え・想いをしっかり伝えて下さい。

この企業に受かる人 / 落ちる人

選考フローは長く、内定まで辿り着くのに約4ヶ月かかりましたが、それは本当にその「人」と真剣に向き合ってくれているからこそだと感じました。選考を通して色々気付かされたこともあり、すごく自分の為になりました。

どの面接官の方も人を見る力があると思ったので、嘘や綺麗事は必ずバレると思います。ありのまま自分で、自分の良い所はしっかりアピールし、ダメな所も認めて話すことが大事だと思います。

就活を通して役に立った書籍やサイト、セミナーやイベント

ブライダルは選考が始まるのが早いので、インターンなどに参加した方が良いと思います。私は行っていませんが、ブライダル企業が集まる合同企業説明会もあるみたいです。

後は、ブライダルは良くない噂もあるので、それに惑わされないよう、実際に会社で働く社員の方に聞くのが良いと思います。

体育会就活生へのメッセージ

自分が今まで体育会に所属して取り組んできたことを自信を持ってしっかりと伝えて下さい。

ブライダル業界は本当に「人」採用なので、ありのままの自分をしっかり相手に伝えようとすることが重要だと思います。頑張って下さい。

## テイクアンドギヴ・ニーズの内定者選考レポート一覧を見る
## ブライダルの内定者選考レポート一覧を見る
## 全ての内定者選考レポートを見る

◎この内定者選考レポートがあなたのお役に立てたなら、ツイッターなどでコメントをもらえると嬉しいです↓