【2020卒】鹿島建設(総合職) 内定者選考レポート 02


選考ステップ

  1. エントリーシート提出
  2. SPI(テストセンター)
  3. レポート
  4. 1次面談
  5. 2次面談
  6. 3次面談
  7. 人事面談
  8. 役員面談

面接内容(以下Qが質問、Aが回答)

1次面談

面接官2名(男性・人事部)。面接時間は20分。面接会場は赤坂見附の鹿島建設本社。面接の雰囲気は笑いがあり和やかで、こちらのことを知ろうとしてくれる感じ。質問は下記の通り。

Q. 志望理由
Q. 学生時代に力を入れたこと
Q. 就職活動の軸
Q. 同業他社との違い
Q. 選考状況

1時面談ではそこまで突っ込まれた質問はされないと思う。しっかり基本的な質問に対して対策するべき。

2次面接

面接官3名(男性)。面接会場は赤坂見附の鹿島建設本社。面接の雰囲気は終始和やか、しっかり話を聞いて、知ろうとしてくれる。質問は下記の通り。

Q. 志望動機(1分程度)※待機室であらかじめ用意しておくよう指示があった
Q. なぜゼネコンなのか
Q. 周りの人からどのような人と言われるか
Q. アルバイトについて
Q. ゼミの内容
Q. 他社選考状況
Q. 現場の仕事について
Q. 転勤は大丈夫か
Q. 最終的に企業を決める決め手は何か

1次面談よりはゼネコンについて働くイメージを持っているか問われている気がした。

3次面接

面接官6名(人事2名、部長クラス4名)。面接時間は15分。面接会場は赤坂見附の鹿島建設本社。面接の雰囲気は終始和やかで話しやすく会話しているような感じだったが、1名厳しめの方がいた。人事の方は司会のような役割、部長クラスの方から質問がたされた。質問は下記の通り。

Q. 志望動機(1分)
Q. 社会基盤を支えるのは他業界もあるけどなぜゼネコンなのか
Q. 現場を見に行ったことがあるか
Q. 海外で仕事するならどこがいいか
Q. ゼミの研究内容
Q. なぜ今の大学を選んだのか
Q. 他社選考状況(社名、日程)、第二志望

この企業に受かる人 / 落ちる人

内定者の様子からして、自分の意見を持ちハキハキしている体育会系が多い。

面接官の反応はとてもよく、学生と同じ立場で知ろうとしてくれる風に終始感じた。志望動機は1分程度にまとめるように言われることが多かったので、あらかじめ用意しておくと安心。

就活を通して役に立った書籍やサイト、セミナーやイベント

会社説明会やインターンシップなどは、業種を絞らずたくさん聞いた方が良いと思います。

体育会就活生へのメッセージ

体育会の学生は、そうではない学生と比べて就職活動ができる時間というのが限られていると思いますが、学生時代たくさんの時間を費やしている部活動を経て得たことを自分なりの表現で一生懸命伝えれば、確実に企業側からは魅力的に映ると思います。体育会であることにおごらず、しっかりと入念な準備をすればよいと思います。

## 鹿島建設の内定者選考レポート一覧を見る
## 建設の内定者選考レポート一覧を見る
## 全ての内定者選考レポートを見る

◎この内定者選考レポートがあなたのお役に立てたなら、ツイッターなどでコメントをもらえると嬉しいです↓