【21卒】竹中工務店 本選考レポート 01


選考ステップ

  1. エントリーシート提出
  2. SPI
  3. 一次面接
  4. 二次面接
  5. 最終面接

面接内容(以下Qが質問、Aが回答)

一次面接

学生3名:面接官1名。同じ質問を順番にしていく形ですが、順番は問題によって異なります。1人1分以内で答えるよう求められ、回答に対する深掘りもほとんどないため簡潔に自分の思いを伝える必要があると思います。質問は下記の通り。

Q. 学生時代頑張った事
A. アメフト部での意識改革に力を入れました。私のチームは二部リーグから三部リーグに降格してしまいました。降格は部員の意識の低さが原因だと考えた私は、部員50名全員と面談を行いました。その中で、ここの役割について議論し、明確化して実践することにより、意識の改善を図りました。
結果的に、部は2年連続で順位をあげ、OBの方にもチームの雰囲気が変わったと評価して頂くことができました。

Q. 志望動機
A. 成果を形にする仕事がしたいと考え、ゼネコンを志望しています。中でも御社を志望する理由はお客様の思いを大切にしている企業だからです。
私はアメフト部で戦術考案をする中で、チームの勝ちたいという思いを戦術という形にできることにやりがいを感じていたので、御社を志望させていただきました。

Q. 何のために働くか
A. 人生を豊かにするため、人から必要とされるために働きたいと思っています。

Q. 志望職種
A. 営業をしたいと考えています。営業はお客様の思いに直接触れられる職種であり、大学時代と同じようなやりがいを感じられると思っています。

Q. 好きな作品について
A. パナソニックスタジアム吹田です。日本で唯一、陸上のトラックがないサッカー専門のスタジアムであり、選手と一体となって試合を楽しみたいという観客の思いを実現した素晴らしいスタジアムだと考えます。

《意識した点》
私は、就活会議やone careerなどで過去の質問への回答を考えて行きました。過去の質問とほぼ同じ内容が聞かれるので、準備さえすれば大きくミスすることはないと思います。

二次面接

面接官3名(50代男性2名、30代男性1名)。面接会場は大阪。面接時間は1人20分。質問は下記の通り。

Q. 学生時代頑張ったこと(一次面接と同じ)
Q. なぜ竹中なのか(一次面接と同じ)
Q. なぜ教師にならないか(私は教育大学のため)
A. 成果を形として残せる仕事がしたかったからです。体育教師は、自分が行った指導が生徒に反映されることが少なく、反映されたとしても継続しなければすぐに元に戻ってしまうのでやりがいが感じられませんでした。

《意識した点》
・明るくハキハキ話す
・熱意を見せる

アスキャリを利用している方は、みなさん体育会所属なので問題ないと思いますが、いつも以上に体育会っぽさを意識していった方が良いと思います。

基本的な質問はグループ面接と変わりませんが、各回答に対してかなり深掘りがあります。自己分析をしっかりしておく必要があると思います。

最終面接

面接官3名(50代男性・人事、50代男性・人事、50代男性・営業部長)。

内定を出せば、入社するかという質問に対して熱意を持って答えられれば大丈夫だと思います。

この企業に受かる人 / 落ちる人

自分の思いを簡潔に、明るくハキハキと話せる人が受かると思います。

グループ面接でも回答が長い学生に対して、面接官の方が露骨に嫌な顔をされていました。

就活を通して役に立った書籍やサイト、セミナーやイベント

就活会議、ワンキャリ等過去の質問リストが掲載されている物は非常に便利だと思います。そこから自分なりの回答を考えたり、新たな質問を想定したりすることで大きな失敗は防げると思います。

体育会就活生へのメッセージ

準備が100%だと思います。

どれだけ自信を持って、自分や企業について語れるかが重要だと感じました。部活動で忙しいとは思いますが、準備さえすれば大丈夫です!頑張ってください!

## 竹中工務店の本選考レポート一覧を見る
## 建設の本選考レポート一覧を見る
## 全ての本選考レポートを見る

◎この本選考レポートがあなたのお役に立てたなら、ツイッターなどでコメントをもらえると嬉しいです↓