大和ハウス工業 内定者選考レポート 02


選考ステップ

  1. Webテスト(玉手箱)
  2. 1次面接(免除)
  3. 2次面接
  4. 最終面接

面接内容(以下Qが質問、Aが回答)

2次面接

学生1人:男性社員2人。20分の面接。本社にて。雰囲気は、和やか。意識して臨んだ点は、リラックスすること。良かった点は、企業研究を念入りに行ったこと。ただホームページを見るだけではなく、新聞や本も読むことで面接官の方もしっかり勉強してきたと思ってくれました。質問内容と回答は以下の通り。

Q. 学生時代に取り組んだこと
Q. 部活で(主将として)苦労した事とどうやって乗り越えたか?(聞かれたことは主に部活で、答えた事に対して次々質問されていく感じでした。)
A. どうして部活に入ろうと思ったのか、そして大変だったこと、それをどうやって乗り越えたかを答えました。また、部活のみならずアルバイト(テニスコーチ)についても交えながら話しました。
Q. 志望理由
Q. 入社してやりたい仕事

最終面接

学生1人:社員1人。30分の面接。本社にて。雰囲気は、2次面接に比べると重い雰囲気でした。反省点は、仕事内容をもっと勉強しておくべきだと思いました。なぜそこの事業で働きたいの?と聞かれた時に、自分が答えた内容と実際の仕事に違いがあったため指摘されました。最終面接はそれまでとは雰囲気も変わってくることが多いと思いますが、明るく元気に答えるようにしましょう。質問内容と回答は以下の通り。

Q. 学生時代に取り組んだこと
Q. 志望理由
Q. 入社してからの具体的にやりたい仕事
A. なぜその仕事が良いのかを具体的に話しました。

この企業に受かる人 / 落ちる人

受かる人は、明るく元気で根性がるのが伝わる人だと思います。困難に対して自分がどう乗り越えてきたのかはとても重要になってくると思いました。

就活を通して役に立った書籍やサイト、セミナーやイベント

学校で開催されるセミナーには積極的に参加した方が良いと思います。

体育会就活生へのメッセージ

私の失敗体験として、SPIの勉強は早くからやっておくべきだと思いました。メーカーも多数、エントリーしましたが、テストで落ちる事が多かったです。1月には遅くても始めた方が良いと思います。また、企業研究もしっかりしておくことが大切だと思います。体育会生は、とても貴重な存在です。同じ4年間でも一人一人で絶対に感じること、成長してきたことは違います。自分のやってきたことに自信をもって頑張ってください。

## 大和ハウス工業の内定者選考レポート一覧を見る
## 住宅 / ハウスメーカーの内定者選考レポート一覧を見る
## 全ての内定者選考レポートを見る

◎この内定者選考レポートがあなたのお役に立てたなら、ツイッターなどでコメントをもらえると嬉しいです↓