一条工務店(営業職) 内定者選考レポート 01


選考ステップ

  1. エントリーシート提出
  2. グループディスカッション(エージェント紹介のため免除)
  3. Webテスト
  4. 1次面接(エージェント紹介のため免除)
  5. 2次面接
  6. 最終面接

面接内容(以下Qが質問、Aが回答)

2次面接

学生2人:社員1人(営業店の男性社員((40~50代))。30~45分程度の面接。東京駅のレンタル会議室にて。面接官は、学生の話に親身になって聞いてくれる印象で、圧迫感もなく、自分の気持ちを話しやすい印象だった。学生が2人、面接官が1人なので、あまりメモを取られている印象はなかったので、細かいことをしっかりと伝えるのではなく、印象の良い回答を心がけると良いかもしれません。自分以外の学生が回答している間も、相槌を打つなり、話を聞いているアピールをするのも印象づけという面で大切だと思います。質問内容と私の回答は以下の通り。

Q. 学生時代に力を入れたこと
Q. 住宅業を選んだ理由
Q. 志望動機
Q. あなたの住む地元を3分間でPRして下さい
Q. あなたにとって家とはなんですか?
Q. あなたのキャリアビジョンを述べて下さい

最終面接

学生1人:社員2人(営業店店長の男性2人(ともに50代))。ホテルの1室にて。2次面接よりも面接官との距離があったため、緊張感はあった。質問は2次面接と同じ内容がほとんどで、スポーツの話や、家族構成などを中心に話が進んでいった。面接の最後の方に、Webテストの結果をフィードバックされるが、私自身、テストの内容が悪く、下から何位だったと言われたのを覚えている。しかし学力よりも人間性を見てくれたようで、テストが悪くても、人間性が大丈夫なら内定を頂けると思います。でも、勉強はしっかりとしておけばよかったと後悔はしているので、時間があるときはSPIの対策はした方がいいと思います。

この企業に受かる人 / 落ちる人

住宅販売ということで、お客様の人生で最も高価な物を販売する仕事なので、お客様の夢のマイホームに、自分自身も親身になって接することが出来そうな学生は受かると思います。学力や大学名ではなく、人柄重視の会社なので、清潔感と挨拶、礼儀、元気の良さが、他の企業よりも評価されるので、明るい人が受かると思います。自信を持って、時にはボディーランゲージを使ったりと熱い気持ちを伝えるのがとても効果的だと思います。

就活を通して役に立った書籍やサイト、セミナーやイベント

大学の就職活動をよく利用し、面接練習や対策を行いました。セミナーや書籍はとくに利用しませんでした。1番有効だと思ったのは、一条工務店の営業所を訪問することだと思います。私自身、2店舗の営業所を訪問し、就活生としただけでなく、1人のお客として、一条工務店の良さを体験できるので、会社のことを深く知り、会社を好きになるきっかけになるので、営業所訪問は必ずした方が良いと思います。

体育会就活生へのメッセージ

就職活動はスピードが大切です。一条工務店さんの場合、早期の体育会特別選考に参加すると、グループディスカッション免除や面接免除等があるので、エントリーは必須だと思います。選考が早い時期から始まっている企業で自信をつけ本命に挑むでも良いですし、早い段階で就職活動を終えて部活動に専念するでもいいので、スピード感を持って取り組むことが就活成功の近道であると思います。

## 一条工務店の内定者選考レポート一覧を見る
## 住宅 / ハウスメーカーの内定者選考レポート一覧を見る
## 全ての内定者選考レポートを見る

◎この内定者選考レポートがあなたのお役に立てたなら、ツイッターなどでコメントをもらえると嬉しいです↓