【21卒】住友林業(業務企画職) 本選考レポート 05


選考ステップ

  1. エントリーシート提出
  2. WEBテスト(おそらく玉手箱)
  3. 一次面接+筆記テスト
  4. 部長面談(最終面接)

面接内容(以下Qが質問、Aが回答)

一次面接+筆記テスト

学生1名:社員1名(女性・人事)。面接会場は心斎橋の貸会議室。面接時間は約30分。面接の雰囲気は雑談のアイスブレイクから始まり、面接官の方も終始うなずくなどのリアクションをとってくれたため、非常に話しやすかった。質問は下記の通り。

Q. 高校、大学のアメフト部への入部理由
A. (高校)新しいスポーツを始めたかった、自分の体格から活躍できそうだと考えたから。
(大学)大学生活でこれをやりとげたといえるものが欲しかった。

Q. 大学時代の学生時代に力を入れて取り組んだこと
A. アメフト部での活動について

Q. 就活の軸とその理由
A. 組織軸、働き方軸、自己成長軸で話した

Q. 就活状況
A. まだ他社は始まっていないことを伝えた

Q. 逆質問

《内容》
個人面談、筆記(計算)、自己PRシート、想像力シート

《意識した点》
結局聞かれなかったが、志望動機と就活軸のつながりは意識して臨んだ。

《良かった点》
コミュニケーションのスピード感とテンポ感。

部長面談(最終面接)(WEB)

学生1名:社員2名(どちらも男性・部長クラス)。面接時間は40分。面接の雰囲気は非常に話しやすい雰囲気。(コロナウイルスによる)自粛が初期だったため、オンラインではあったが相手方は二名とも同じ場所にいたので、やりやすかった。質問は下記の通り。

Q. 就活状況
A. 他社の選考状況について伝えた

Q. ●●大学法学部を目指した理由
A. 自分が狙える範囲で一番レベルが高いところだった

Q. 学生時代に力を入れて取り組んだこと
A. アメフト部での活動について

Q. 志望動機
A. 気に関わることすべてが事業領域という幅広さ

Q. 志望職種
A. 不動産に関わる部署

Q. 志望度
A. 志望度は高いですと伝えた

Q. 企業選びで特に大事にしていること
A. 自分が活躍するイメージがつくかどうか

Q. 逆質問

《意識した点》
一次面接に引き続き、志望動機と就活軸のつながりは意識的に整理して臨んだ。

《良かった点》
準備した言葉ではなく、自分の言葉で真っすぐに伝えることができたことが良かった。

《反省点》
志望職種までは考えられていなかったので、その質問に対する回答は非常に薄いものになった気がする。

《アドバイス》
トリッキーな質問は一つもありませんでした。しっかりと自分が頑張ってきたことや大事にしている考えを整理して臨めば大丈夫です

この企業に受かる人 / 落ちる人

頭の良さなどは筆記でみられているよう。

質問はオーソドックスなものばかりだったので、これまでの行動から考える力や責任感、やり抜く力などが好意的に評価されるのだと思う。

ちなみに、自分は内定をいただいたが、中核である「木」とのつながりに関しては何も話していないので、そこは必要ないようである。

就活を通して役に立った書籍やサイト、セミナーやイベント

・外資就活
外資のみならず、大手からベンチャーまで幅広く情報収集できる。加えて、エントリーの締め切りがまとまっているので、定期的にチェックするようにしていた。

体育会就活生へのメッセージ

就職活動をしていると、部活以外の様々な目立つ経験をしてきた人に出会い、部活しかしていない自分に不安を感じることがあるかもしれません。でも体育会で本気でやってきたことは間違いなく価値あるものであり、他のいろんな経験とは同じ軸で語れないものだと感じました。なので自信をもって、自分の言葉でまっすぐ伝えてください。

## 住友林業の本選考レポート一覧を見る
## 建設 / 不動産の本選考レポート一覧を見る
## 全ての本選考レポートを見る

◎この本選考レポートがあなたのお役に立てたなら、ツイッターなどでコメントをもらえると嬉しいです↓