【2020卒】ワコール 内定者選考レポート 01


選考ステップ

  1. エントリーシート提出
  2. 会社説明会
  3. 1次面接
  4. SPI
  5. 2次面接
  6. 3次面接
  7. 社員座談会、クレペリン検査
  8. 最終面接

面接内容(以下Qが質問、Aが回答)

1次面接

学生4名:面接官1名。雰囲気は和やか。質問は下記の通り。

Q. 自己PR
Q. ESのキャッチコピーの説明
Q. 学生時代に力を入れて取り組んだことの深掘り

一次では印象が良ければ通ると思う。ESの内容を見直しておらず自分のキャッチコピーを忘れていたのでそこが反省点だった。

2次面接

学生3名:面接官1名(人事部)。雰囲気は固かったが、面接官の方が冗談を言ってくださったので笑うことを心がけた。質問は下記の通り。

Q. 自己PRと志望動機(1分)
Q. 学生時代に力を入れて取り組んだことの深掘り
Q. 野球のフォームの大切なところを小学生に分かるように

他の企業より、端的に話すことが求められていると感じた。短く分かりやすく話していれば面接官が深掘りしてくれるので自分から長く話しすぎないことが気をつけることだと思う。

3次面接

学生1名:面接官2名(部長クラス)。雰囲気は雑談を交えながらで和やかだが、ときおり鋭い質問があった。質問は下記の通り。

Q. ESの内容の深掘り
Q. ESに書いていた商品について、どのような印象を持っているか
Q. 学生時代に力を入れて取り組んだことの深掘り
Q. 趣味
Q. ゼミについて
Q. 希望職種
Q. キャリアプランについて
Q. 二次面接の面接官について

これまでとは違う角度での質問もあり、ここでかなり落ちていたようで鬼門であると感じた。時間を貰って少し考えてもいいから自分の考え方、自分なりの答えをハッキリと端的に話すことが大切だと感じた。

最終面接

学生3名:面接官4名(社長と役員)。雰囲気は厳かだったが、笑顔で話を聞いてくれてとても話しやすかった。質問は下記の通り。

Q. 自己PRと志望動機(1分)
Q. 履歴書、ESから色々と深掘り
Q. 地元の良いところを教えてください
Q. 趣味
Q. 営業以外の配属でもいけるか
Q. 他社の選考状況と当社の志望度
Q. 損害保険とうちは全く違うがどのような軸か

話す内容よりは、受け答えの印象、熱意、端的に話せるかを見られていたと思う。

この企業に受かる人 / 落ちる人

始めに必ず一分間で自己PRと志望動機を言い、面接官によってはストップウォッチで計っていたため、端的に話せる人が受かると感じた。
長く話していた人の話を面接官の方はあまり聞いていなかったので、短く分かりやすくが大切だと思う。

体育会系が多い企業であるが、大きすぎる挨拶などは好まれないと人事の方がおっしゃっていた。社員の方も物腰の柔らかい方が多かったので、優しい雰囲気の人、自然体で話せる人が受かるのではないかと思う。

就活を通して役に立った書籍やサイト、セミナーやイベント

アスプラ、アスキャリ。
部活向けに来る説明会などは必ず参加した方がいい。

体育会就活生へのメッセージ

面接では端的に話すことがどの企業でも好印象だった。一問一答レベルを基本にして、面接官の様子を伺いながら付け足していくスタイルが1番いいと思った。

話の長い人の話は面接官も人間なので途中から聞いていないように感じました。

## ワコールの内定者選考レポート一覧を見る
## 衣料 / スポーツメーカーの内定者選考レポート一覧を見る
## 全ての内定者選考レポートを見る

◎この内定者選考レポートがあなたのお役に立てたなら、ツイッターなどでコメントをもらえると嬉しいです↓