【20卒】小林製薬 本選考レポート 11


選考ステップ

  1. ES提出
  2. 説明会 兼 グループディスカッション
  3. SPI
  4. 個人面接
  5. 職種面接
  6. 最終面接

面接内容(以下Qが質問、Aが回答)

説明会 兼 グループディスカッション

面接官(人事部2人、営業職2人)。学生は6つのグループがあり1チーム大体6人前後。時間配分(内容説明10分、ディスカッション40分、発表30分)。

ディスカッションテーマ:「あるドラッグストアでの提案営業を行う」

進め方としてはグループ一人ひとりが案を持ち寄って最も良いと思ったものを採用し、発表する人は挙手制でおこなった。アドバイスとして、発表することが一番のアピールになると感じた。

個人面接

面接官1人(30歳前後女性、人事部)。面接会場は本町。20分程度。

面接はESに沿った内容で学生時代に頑張ったことを中心に聞かれた。基本的にフラットな感じだったので面接というよりは面談に近い感じがした。志望動機は聞かれたがそれ以外は会社のことについては触れられなかった。

職種面接

面接官2人(50歳前後男性、人事部長と営業部長)。面接会場は本社。20分程度。雰囲気は少し緊迫していると感じた。質問は以下の通り。

Q. 趣味や出身地
Q. 志望動機
Q. 知っている製品
Q. 志望度
Q. 営業をしていく上でどのようなことを意識してやっていくか

最終面接

面接官3人(社長、50代男性・グループ統括部長、50代男性・営業部長、30代女性・書記)。面接会場は本社。20分程度。

Q. 志望動機
Q. 自分自身の強みをどのように活かせるか
Q. 出身高校について
Q. 学生時代力を入れたこと
Q. 志望度

全体を通して、質問に対して、うまく答えるというよりは「行きたい」という意思を見せることが一番大切だと感じた。

この企業に受かる人 / 落ちる人

口下手でもいいから元気が良くて、自分の意思を感情的に伝えることができる人

就活を通して役に立った書籍やサイト、セミナーやイベント

マイナビ、リクナビ

体育会就活生へのメッセージ

自分がやってきたを具体的に振り返ったみて、その時々に何を思っていたのかをしっかり書き出すことが大切だと思います。

## 小林製薬の本選考レポート一覧を見る
## 消費財 / 日用品メーカーの本選考レポート一覧を見る
## 全ての本選考レポートを見る

◎この本選考レポートがあなたのお役に立てたなら、ツイッターなどでコメントをもらえると嬉しいです↓