【21卒版】選考対策 / 大研医器

どの企業の選考対策でも伝えていることだが、この対策レポートは参考程度にしておいて欲しい。質問内容が事前にある程度わかってしまうと「この質問がきたらこの回答をして…」など理想のQ&Aを作ってしまいがちだ。しかしそれでは実際の面接で熱意と柔軟性を失ってしまうだけでなく、準備していない質問をされた時に焦ってしまう可能性がある。

面談・面接での大事なポイントは

  1. 焦らず落ち着いて
  2. 明るく、元気に、率直に
  3. 正直に、自分の言葉で

話すこと。

では早速始めよう。

選考ステップ

  1. 説明会60分&個人面談2~5分程度
  2. 1次面接(個人)
  3. 最終面接(個人)

面接 / 面談内容

説明会60分&個人面談2~5分程度

・面談ではどんな質問をされるのか?
説明会が終わったら1対1の面談を行う。時間はひとり2~5分程度。面談では最初に説明会の「感想」と「気になったことや質問」の両方もしくはいずれかを聞かれることが多い。感想と質問だけで終わる人もいれば、そのあと続けて質問される人もいる。例えばこんな質問だ。

Q. なぜ営業を希望するのか
Q.自分は営業に向いていると思うか、なぜそう思うか
Q. なぜ医療機器メーカーに興味を持っているか(医療に興味を持っていると答えた人だけ)
Q. 自分の強み
Q. 選考中の企業
Q. 希望業界(1、2、3位)
Q. 希望職種となぜその職種を希望するか
Q. 今のスポーツ経験から得たもの

決まった質問はなく、あなたとの会話の中で面談者が気になったことを聞いていくスタイルのようだ。会話は雑談のように進む。志望業界を絞っていない場合は正直に答えても全く問題ない。医療や医療機器を希望していると回答した場合、その理由も聞かれると思っておいた方がよい。

面談者は人事の安川さんが務めることが多い。面接ではないので合否は出ないが、選考の一環と考えた方が無難だ。

・参加学生の感想
「大研医器の社会貢献であったり、ニッチな業界にいることが安定に繋がっていることがわかった。今後伸びていく業界のひとつだと思った」
「やはり中小にしかできないこと、という点で、営業においても分業制を取らないというところに自分の立場の重要性を感じられるところがいいなと思いました」
「話は業界の話が聞けたり大研医器の内容とか具体的によくわかる内容でした。面談では、大研医器の話というより自分が何も知らずに行ったので、業界研究をしっかりしなさい、と言った内容がほとんどでした。就活を始めたばかりなので危機感も持てて良かったです。また他業界の話も聞けば答えてくださったので、充実していました」
「他の説明会などよりは明るい感じではなく、堅い説明会だったように思います。安川さんが真面目な方だったからだと思います。ただ内容などは興味深いもので、私は引き込まれ、説明会を聞く前よりも惹かれました」
「医療機器の業界について、あまり詳しくは知らなかったので説明会に参加して良かったと思います。面談は話しやすい雰囲気で、質問にも自分の言いたいことを答えられましたし、質問したいことを正直に質問できました。」
「大研医器さんの強みとなる部分や、会社の大まかなことを知ることができました。面接では少ない時間で気軽に話すという雰囲気でした」
「大研医器さんの下調べや事業は自分の中で整理できていたのでその再確認と理解が深まりました。途中流されるVTRが開発メインのものだったので営業にもう少しフォーカスした部分があればよかったかなと思います。面談はとてもゆるい雰囲気で進んでいったのでとても話しやすく自分の思いを伝えられたと思います」
「医療機器メーカーは今までノーマークでしたが、業界にすごく興味がわき、個人の裁量が大きい点など大研医器についてもありとあらゆる面で私に合ってるなと強く感じました」
「会社説明だけでなく、今後の就活での業界選びの説明やアドバイスがあったので参考になりました」
「企業のことだけでなく、大手と中小企業の違いとかも話してくださってとても理解が深まりました」
「大研医器の企業説明だけでなく、業界分析や今後の就活に役立つ有益な情報を得ることができました」
「医療機器メーカーに伸び代があると思いました。企業選びのポイントを人事の人の経験を交えながら説明があったのがよかったです。」

1次面接

学生1人:面接官2人(営業部長と人事部長)。詳細は別途更新します。

最終面接

学生1人:面接官4名(社長、副社長、管理部長、人事部長)。詳細は別途更新します。