日新製鋼 内定者選考レポート 01

● 選考ステップ
ステップ1.エントリーシートの提出
ステップ2.一次面接
ステップ3.テストセンター
ステップ4.二次面接
ステップ5.最終面接(小論文あり)

● 選考内容
▼一次面接
面接者は、50代前半の人事。男性。時間は45分程度。ESに沿った質問だけでした。その場で一次面接の通過を通知して頂けました。雰囲気は非常に和やかでした。

▼二次面接
面接者は、50代前半の営業部長、男性。時間は60分程度。志望動機、自己PRの後に会社の説明を交えながら雑談。雰囲気は非常に和やかで、自分という人間を見られている気がしました。

▼最終面接(小論文あり)
面接者は、一次面接の面接官と、役員4人(男性3人女性1人)。時間は30分程度。質問内容は、志望動機、自己PR、なぜ理系なのに文系職なのかについて深堀、志望度の確認。雰囲気は若干圧迫感がありました。その中でも、自分が伝えたいことを芯をブラさずに話すことが大切だと思います。

● この企業に受かる人 / 落ちる人
受真面目で責任感の強い人。芯が通ってる人が受かると思います。

● 就活を通して役に立った書籍やサイト、セミナーやイベント
就職四季報、アスキャリア、アスプラ、みん就

● 体育会就活生へのメッセージ
就活を始める前からあまり業界を絞りすぎない方が良いと思います。視野が狭まり、どこかで行き詰まることがあると思います。そして、自己分析と企業研究が一番大事です。就活が本格化する前にしておいた方が良いと思います。体育会の部活に所属していれば、自己分析は簡単に進むと思いますので、企業研究に時間を割くことをお勧めします。選考が進む企業や落ちる企業が出てくるかとは思いますが、一喜一憂せずに根気よく就活を続けることが良い結果に繋がると思います。頑張ってください。

## この企業の他の内定者選考レポートを見る
## 鉄鋼 / 非鉄金属系企業の内定者選考レポートを見る
## 内定者選考レポート一覧に戻る

◎この記事があなたのお役に立てたなら、ツイッターなどでコメントをもらえると嬉しいです↓