鈴与 内定者選考レポート 01


選考ステップ

  1. 履歴書提出
  2. 説明会参加
  3. ウェブテスト
  4. グループディスカッション
  5. 役員面接
  6. 最終面接

ウェブテスト

特殊のものだったと思います。
<質問例>
・サングラスの代替品をなるべく多く挙げなさい
・子供→大人→子供→次は?
全然解けなかったと言っていた友達も受かっていたので、そう落とされることはないと思います。

面接内容(以下Qが質問、Aが回答)

グループディスカッション

学生人数は1グループにつき6名。グループが4つ横並び。合計24名の学生。
テーマ:失敗と成功について?(失敗も成功につながる、みたいな結論になった気がします…)
時間はすみません、全く覚えてないです…

私は同じグループに同じ部活の友人がいて、社員の方に「これはチームワーク期待できちゃいますね」と声をかけていただきました。私のグループは選考とは思えないほど和気藹々としていました。人事がみているのはおそらく個人のアピール力。私たちの班で発表資料を作成した子がいて彼女はほとんど話していませんでしたが、役員面接の待機場所会いました。とにかくしっかり役割を全うすれば評価されると思います。

また、グループディスカッション後に英語(と算数?)の20分程度の試験がありました。中学生レベルでこれも落とされることはそうないと思います。

役員面接

人数は4人。全員男性で副社長と部長2名と書記。副社長は少し強面。両脇の部長2名がにこやか。入室したら一分程度で自己紹介をしてくれと言われた。ここではどんな人間がわかるエピソードをひとつ入れると良いと思う。

その後は提出した自己紹介シートに沿って質問された。両親とどういう仲なのか? 友人との関係は? 先輩後輩との関係は? など、身近な人からの評価についてはかなりしっかりと聞かれた。他の内定者もそうだったらしい。英語がどの程度できるかも突っ込まれた。仮に今英語ができなくても入社後にしっかり勉強します、という姿勢が伝わればよいみたいです。最後にどういうところ受けていますか?と聞かれ、鈴与が第一志望群ですと答えた。他の第一志望群からも内定がでたらどうしますか?と聞かれ、今は迷ってますと答えた(その後は突っ込まれなかった)。志望動機は聞かれなかったが、他の内定者は聞かれた人もいるようだ。

役員面接のあと、人事面談とリクルーター面談がそれぞれ20分ずつあります。質問内容は、親は鈴与のことをどう思っているか? 緊張した?言い足りなったことは? など。ここで評価されている感じは受けなかった。

最終面接

社長と書記の2名。かなり緊張感のある空気。社長は怖くはないがとても緊張した。聞かれたことは下記の通り。

Q. 3分間の自己PR(フォローアップイベントで人事と作成する機会あり)
Q. なぜ鈴与を志望したか
Q. 人生で最も大切にしてきた価値観
Q. 鈴与で何がしたいか
Q. 港で仕事がしたいということを推したためか、課題解決の仕事について社長から資料を使って説明を受けた
Q. 逆質問2-3個

重視されていると思ったポイントは、自分の考えを持っているかどうか。自分の価値観を説明することが多くあった。人事から控え室で「握手する人もいるらしい」と言われており、実際に最後に社長と握手した。

最終面接が終わったと人事との面談が20分程度ある。聞かれたことは下記の通り。
Q. 就活状況、他社はどこまで進んでいるか
Q. いつまでに就活を終えたいか など

なお、役員面接、最終面接ともに交通費は全額支給でした。

この企業に受かる人 / 落ちる人

自分の考えを持っている人。その時に取った行動の裏付けを答えられるような人が受かる。また、困難なことに自分から取り組んでいるかどうかも大切なポイントかなと感じました。私の場合、人事の方に体育会と教職は大変だったでしょうとほぼ毎回言われました。

## 鈴与の内定者選考レポート一覧を見る
## 陸運 / 海運 / 物流の内定者選考レポート一覧を見る
## 全ての内定者選考レポートを見る

◎この内定者選考レポートがあなたのお役に立てたなら、ツイッターなどでコメントをもらえると嬉しいです↓