【2020卒】ロイヤルホテル 内定者選考レポート 01


選考ステップ

  1. グループ面接
  2. 個人面接
  3. Webテスト
  4. 最終面接
  5. 筆記テスト

面接内容(以下Qが質問、Aが回答)

グループ面接

学生3~4名:面接官2名。面接会場はリーガロイヤルホテル大阪。雰囲気は笑顔で話してくださるが少しピリッとしている。質問は下記の通り。

Q. 名前、学校を含めて自己紹介を30秒程度でしてください
Q. どの部署で働きたいと思っていますか
Q. 海外の方をおもてなしする上で何を心がけますか
Q. 海外での生活の中で困難をどのようにして乗り越えましたか。(私を含めグループ全員に海外生活の経験があったため)

学生自身についてというより入社後ホテルで働くイメージが出来ているかの確認を意図した説明が多かったイメージ。全員に同じ質問が投げかけられます。

練習してきたことや覚えたことをそのまま伝えるよりも、自然体で会話するように面接をすると面接官の方も笑顔で聞いて下さった印象でした。私自身特に一次審査は緊張して、想像以上に噛んでしまったり語順が混同したりしましたが、ゆっくりと聞いて下さる雰囲気だったので心配ないと思います。

個人面接

学生1名:面接官2名(男性、女性)。面接会場はリーガロイヤルホテル大阪。雰囲気は話しやすく温かい。質問は下記の通り。

Q. 学校名と名前
Q. 今日の服装のポイントは?誰かに相談しましたか?(私服面接だったため)
Q. 自己紹介(1分)→深堀質問3~4つ
Q. 挫折した経験+→深堀質問1~2つ
Q. 志望理由
Q. 周りからどんな人と言われるか
Q. 英語で自己紹介

学生自身に関する質問多く、質問に対する答えから幅広く深く質問を掘られていった印象。

最終面接

学生1名:面接官2名(どちらも男性)。面接会場はリーガロイヤルホテル大阪。雰囲気は個人面接より緊張感あり。質問は下記の通り。

Q. 勉強していることについて
Q. 学生時代力を入れたことについて
Q. 服装のこだわりについて(私服面接だったため)
Q. 内定出たらどうするかと理由

個人面接と同じく、学生自身に関する質問が中心。一つ一つの質問に対して、広く深く広げて会話のように面接してくださった印象です。特に個人面接と最終面接では自身のことについて聞かれるので、自己分析はきちんとやっておいたほうが良いです。

この企業に受かる人 / 落ちる人

自分の言動に自身を持っている人、自分の行動に理由をもって行動出来ている人、性格的には明るくい人が受かっていると思いました。

就活を通して役に立った書籍やサイト、セミナーやイベント

特になし。

体育会就活生へのメッセージ

人によるかと思いますが、キャリアセンターなどでの面接の練習はしすぎないほうが良いと思います。私自身面接の練習は一度もせずに全ての面接をぶっつけ本番で挑みました。

様々な面接を受けていく中で、特に接客業の業界においては、カチカチの覚えた定型文や敬語で答えている学生よりも、笑顔で自然体で話すことが出来ている人のほうが評価されているように感じました。接客業の業界の面接は、学生自身に興味をもって面接をしてくれる所が多かったため、企業分析はもちろんですが自己分析に力を注ぎ、自分の魅力を数十分という短い面接の中で発揮することが合格の秘訣だと思います!頑張ってください!

## ロイヤルホテルの内定者選考レポート一覧を見る
## 旅行 / ホテルの内定者選考レポート一覧を見る
## 全ての内定者選考レポートを見る

◎この内定者選考レポートがあなたのお役に立てたなら、ツイッターなどでコメントをもらえると嬉しいです↓