森ビル 合格ES 04

Q. 森ビルは、あなたのことについて知りたいと思っています。あなたを知る上で欠かせない、これまでの経験や具体的なエピソードを教えてください。

私の事を知る上で欠かせない経験やエピソードは『運動』での出来事です。

私は高校まで13年間サッカーをしていました。小学生の時イタリアのチームからオファーをいただき留学し、将来のサッカー選手になるという夢が近づいたと感じました。しかし帰国後、中学の選考会では落選し続けました。その理由を分析したところ、努力というものを知らずに自分の実力を過信したまま練習に取り組んだからでした。

そこで中学2年生時には自らもっとレベルの高いチームに頼み込みに行き、自分をあえて厳しい環境に置いて二度と負けないという思いで毎朝5時から走り込んだり、毎日人より1時間多く練習するなど、日々努力を怠ることなく取り組みました。

その結果、チームではレギュラーとなることが出来、高校の選考会では全国優勝する程のチームに入団しました。また国際大会に出場し日本だけでなく世界とも戦う機会を得られ、より高いレベルでプレーできる実力を身に付けました。

大学からはアメフトを始め、2年生時のリーダーシップやチームの改革に対する行動・姿勢など総合的に評価をしていただき、唯一3年生ながら副将をやらせていただきました。

現在では、強豪校と弱小校の実力差が一番大きく出る、昨年のチームの中で最重要課題となっていた『キッキング』のリーダーに抜擢され、選手のリーダーとして、幹部やコーチの方々と密にコミュニケーションを取りながら、選手約70名のマネジメントをしています。

決めた目標のために選手一人ひとりの課題を発見し前向きに計画的に粘り強く行動し解決し選手を引っ張っています。

この経験から、サッカーでは『考動力』、大学では『考動力』をさらに磨きつつも『マネジメント力』を私の強みとして培いました。

社会人では、これらの強みを最大限に活かしつつ、もう一度気持ちを新たにたくさんの挑戦を通じて自分と会社が成長し、その道を極めたいと考えています。

Q. あなたについてもっと知りたいと思いますので、さらに、2つの経験や具体的なエピソードを教えてください。なお、1つは学業のことを中心にお書きください。

【設問1-2】経験や具体的なエピソード(300文字以内)

すでに登録済みなのでログインする