【18卒】合格エントリーシート 三井住友銀行(総合職・リテールコース) アメフト

Q. あなたの「自分ならでは」を教えてください。(チャレンジしたこと、価値観等)(100字以内)

体育会アメリカンフットボール部での経験から、過去をしっかり振り返り、そこから自分やチームの課題を把握し、解決できることが「自分ならでは」であると考えています。

【設問1】上記でお答え頂いたことについて、具体的なエピソードや取組を教えてください。(400字以内)

上位リーグへの昇格という目標に向け入部当初から取り組んでいました。1年時から試合には出ていたものの、チームの力にはなれませんでした。

2年目のシーズンではチームに貢献するために、前年の反省から基礎を見直しより一層の努力が必要だと感じ練習しました。自分のやっていることが本当に正しいのか不安に思う時期もありましたが、自分が決めたことを信じて努力を続けました。結果、この年チームは上位リーグ入れ替え戦に進みました。3年時はチームが中々勝てず、そのためチームのことを考えるようになりました。

そこで前年との比較で、最大の課題は主体性を持つことだと気付きました。そして主将になり、コーチや上級生から指示されたことをただ行っていただけで理解しないまま日々を過ごしていた昨年から、今年は1人1人になぜそのようなプレーをしたのかを考えさせ、能動的に行動するように現在もチーム運営に努めています。

【設問2】上記でお答え頂いたことについて、苦労したことや克服したこと、そこから得たものを教えてください(400字以内)

自分のことだけを考え練習していた2年時から、チーム全体のことを考え練習に取り組むようになり、周りをいかにして巻き込んでいくかということに苦労しました。

チームの課題は見つけたものの、今後どのように解決したいかを深く考えました。まず着手したことは、同期である4年生の意思統一です。目標、方向性を明確にし、共有しました。次に、4年生各人が同ポジションの下級生と面談をして下からの意見を吸い上げることで自分の意見が反映されチームの改善に繋がって行きました。尚且つチームの方向性を下級生にもしっかりと浸透させていくことができました。

そして、主体性を持つという課題に対して取り組むようになりました。より良いチームづくり、組織づくりのために自分たちのポリシーが広く浸透していることの重要さ、すべての部員が高いモチベーションで結束し、最高のクオリティを発揮できるような環境作りの大切さを学びました。

Q. 三井住友銀行を志望する理由についてお答えください。(400字以内)

お客様と同じステージにたちニーズにあった手段を考え抜き、企業の経営パートナーとして自分という人間を最大限に活かしお客様である企業の成長をサポートしたいと考えました。その上で、迅速な行動力と融資実行力を持つ貴社で世界における日本の存在感向上に貢献したいと考え、貴社を志望します。

貴社は他のメガバンクと比べて融資実行の際のスピードが速いと聞いています。その理由として、若いうちから大きな仕事を与えられ、意見が反映されやすい環境であることにほかならないからだと思いました。個人の実績が正当に評価される銀行であること、若手が重宝され若いうちから力を付けて活躍でき、自分自身が成長できる貴社で働きたいと思いました。さらに、銀行の収益向上とお客様の満足度を高めることを両立している貴社でこそ、上記の夢を達成できると考えています。

Q. 総合職、リテールコースを併願する理由についてお答えください。(200字以内)

リテールコースは、お客様の笑顔や悩みを一番近くで感じ、密にニーズに触れることができる分野です。私はこの分野で、お客様の人生を預かることの責任を果たすことができると考えます。

一方で総合職は、幅広い業務を通して様々なニーズに出会い、向き合うことができる分野であるため、個人の視野と知識を広げ、自分自身の成長に繋げることができると考えています。以上の2点から、両コースに魅力を感じたため、併願します。

Q. 興味ある業務の理由についてお答えください。(200字以内)

私は法人営業に興味があります。数ある業務のなかでも法人営業は、様々な業種の経営に携わる方々と対等に接し、強い信頼関係を築き上げることで自らの提案を通じて直接多くの企業の役にたてるため、私が貴社を志望する「世界における日本の存在感向上に貢献したい」という理由にも合致すると思ったからです。国内企業の成長こそが世界で日本の存在感向上に繋がると考え、法人営業で活躍したいと思いました。

## 三井住友銀行の合格エントリーシート一覧を見る
## 銀行の合格エントリーシート一覧を見る
## アメフト部の合格エントリーシート一覧を見る
## 全ての合格エントリーシートを見る

◎この記事があなたのお役に立てたなら、ツイッターなどでコメントをもらえると嬉しいです↓