【18卒】合格エントリーシート 東京海上日動火災保険(グローバル職) 陸上ホッケー

Q. 大学時代に力を入れて取り組んだことを3つ挙げてください。(150文字以内)

1. 体育会陸上ホッケー部の活動です。新しいことにチャレンジしたいという気持ちで始めました。
2. ゼミ活動です。問題行動を改善する行動分析学という心理学を学びました。
3. 飲食店でのアルバイト活動です。接客や宅配など幅広い業務を行いました。

【設問1】上記でお答えいただきました3つの取り組みのうち、最も力を入れた取り組み1つを下記より選択してください。(選択形式)

部活

【設問2】設問1でお選びいただきました取り組みに関して、活動期間、役割、人数等具体的なイメージができるように内容を教えてください。(250文字以内)

体育会陸上ホッケー部は35人で構成されています。関西制覇を目標に週6日午前を基本として練習に取り組んでいます。

私は高校までは野球をしておりましたが、新しいことにチャレンジしたい気持ちや競技自体に惹かれたため、陸上ホッケー部を選びました。入部時の目標としてレギュラーで公式戦に出ることと設定しました。

チームメイトのほとんどがホッケー経験者のため、私が上手くなることはチームに良い影響を与え、自分の成長にも繋がると考えました。練習では周りと実力の差を痛感し、初めはついていくことだけで必死でした。

【設問3】その取り組みの中で感じた課題や問題、および感じたきっかけ・背景について教えてください。また、その後どのような行動を取ったのかについても教えてください。(400文字以内)

練習をしても中々上手くいかず、何も考えずただ練習してしまう時がありました。チームメイトとの実力の差は練習から見ても明らかでした。

私が1年生の時の4年生の方が引退されて、このままでは私が引退するまでに目標を達成するのは困難だと考えました。技術的な課題はもちろんありましたが、練習への取り組み方、練習外の時間の使い方にも問題があると感じました。

チームメイトのアドバイスから技術的な課題がより見えるようになり、ただ逆に自らチームメイトにも意見を求めて、課題や自主練習でできることを考えました。練習では課題を意識して自分が誰よりも必死に練習する気持ちで取り組みました。練習外の時間は自主練習に励みました。苦しい時にはチームメイトや友達と話ができたことや目標を意識することで努力を続けられました。

諦めずに取り組んできたことで、3年生の夏にレギュラーとして試合に出させていただきました。

## 東京海上日動火災保険の合格エントリーシート一覧を見る
## 損害保険の合格エントリーシート一覧を見る
## 陸上ホッケー部の合格エントリーシート一覧を見る
## 全ての合格エントリーシートを見る

◎この記事があなたのお役に立てたなら、ツイッターなどでコメントをもらえると嬉しいです↓