【18卒】合格エントリーシート 関西電力 サッカー

Q. 関西電力であなたが実現したいことと、そう考えるに至った理由について述べて下さい。(表現方法は自由です)(400字程度)

私が目指す未来は、日本が世界一「安心して暮らせる国」になり、モデルケースとなって安全性と安定性を世界に広げていく未来です。

私は父の転勤に伴いイギリスに7年間滞在していた経験があります。そこで10カ国以上の国を訪れ、日本の当たり前の水準が高いことに感動しました。当たり前のように電気が使えている現状下、私たちは生きている上でそのありがたみを意識した事はないと思います。

しかし、その当たり前を築くために、日本は難しい環境を乗り越えてきました。自然災害王国の日本、資源に乏しい日本が、安定した未来をつくっていく一員として、私は使命感を持って働きたいと思います。

また御社では「ツバル太陽発電プロジェクト」や「水力発電CDMプロジェクト」など海外での貢献活動も行っているので、それらの事業にも積極的に携わりたいです。

Q. 学生時代に、あなたがチャレンジ、行動したことについて、具体的に述べて下さい。 チャレンジした理由や困難を乗り越えるために努力したことなども自由に紹介してください。 (表現方法は自由です)(600字程度)

私は体育会サッカー部で4軍のキャプテンとしてチームの士気を高めた経験があります。

その当時の4軍は技術面よりも個々のモチベーションに問題があり、チームの雰囲気はどん底でした。私はキャプテン経験がなく、困難な挑戦になるのは分かっていましたが、この状況を変えるべくキャプテンとして立候補しました。

私はこの状況を改善するには、まず選手たちの本音を聞く事が必要だと考え、駅からグランドまでの徒歩30分を活用し、チームメイト全員の38人と対話をしました。雑談から始め、相手の秘めていた熱い想いや不満を聞き、私がチームの雰囲気を変えたいこと、またこのチームが変わる事でどのようなプラスが生まれるかを話しました。

そして、対話した時に出た意見の中から共通点を探した結果、「目先に明確な目標がない」事が一番の原因であることに気づきました。私はこの課題を解決するために幹部会議を何度も重ね、月一で3軍との紅白戦の定例化を提案し、またスタッフ陣とはそれを基に3軍と4軍の入れ替えの頻度を上げてもらえるように話し合いました。

最初は反対意見なども挙げられましたが、何度も話し合い最終的には実施されるようになりました。そしてこれらが本格的に実施され、3軍に勝ちたい、昇格したいなどとそれぞれ目先に明確な目標ができ、全員が目の色を変えて練習に励むようになりました。

私はこの経験を通して、やる気が出る仕組みを作ることがチームの活性化に繋がる事を学びました。

## 関西電力の合格エントリーシート一覧を見る
## 電力系企業の合格エントリーシート一覧を見る
## サッカー部の合格エントリーシート一覧を見る
## 全ての合格エントリーシートを見る

◎この記事があなたのお役に立てたなら、チームメイトや他大学の友人にシェアしてもらえるとありがたいです↓