【19卒】合格エントリーシート アイシン精機 フィギュアスケート

Q. 学業で最も力を入れて取り組んだことは何ですか?取り組んだ内容と理由を教えてください。(300文字以内)

ゼミでのアジア経済の研究です。

私は高校時代シンガポールとマレーシアを旅行し、単一民族である日本に対し、中華系、マレー系、インド系などの様々な人種とその文化が交ざり合いながら共存している社会に興味を持ちどのように発展してきたのかを知りたいと思いました。

そして大学ではアジア経済を研究するゼミに入り、シンガポールの経済発展の流れを学びました。まず本や新聞などで経済の成り立ちを学ぶことから始め、この国の経済や文化が形成されてきた経緯を深く理解しました。

これからはこの国と日本の経済発展を比較するなどさらに掘り下げた研究をしていきたいと思います。

Q. 学業以外で最も力を入れて取り組んだことは何ですか?具体的なエピソードを交え、それを通じて学んだことを教えてください。(300文字以内)

アメリカ生活で言語の壁を乗り越えたことです。

私は小学6年生から約3年間、アメリカで生活しました。初めはなにも英語が分からず、友達もできないという辛い状況でしたが英語を早く習得するために陸上部に日本人1人で入部するなど現地の人と交流をしました。

粘り強く取り組むことによって課題であった英語を克服することができ、また何年も経った今でも連絡をとっていられるほどの親友もできました。

この経験から、どんなことがあっても諦めずに地道に努力することの大切さを学び、大学での体育会フィギュアスケート部で活かしました。誰よりも自主練習に励み、大学から始めた同期の中で1番最初に2級に合格しました。

Q. あなたが最もリーダーシップを発揮したエピソードを教えてください。(300文字以内)

部員25人の体育会フィギュアスケート部の冬合宿を企画し部員同士の繋がりや団結力向上のためのミーティングをするなどをして部に貢献したことです。

フィギュアスケートは個人競技である為部活動としての団結力が低いと感じ、帰属意識という共通言語の下、一丸になろうとしています。

その為合宿では技術向上もさることながら「どんな部活にしたいか」について全員で考えました。ミーティングを重ねるごとに現状の各部員の考えも把握でき後輩が自分の意見をしっかり持つようになりました。

また私自身、部活動を引っ張る為の責任感も生まれました。今後さらにコミュニケーションを増やし、今年こそチームを目標である関西インカレ優勝に導きます。

## アイシン精機の合格エントリーシート一覧を見る
## 自動車 / 自動車部品メーカーの合格エントリーシート一覧を見る
## フィギュアスケート部の合格エントリーシート一覧を見る
## 全ての合格エントリーシートを見る

◎この記事があなたのお役に立てたなら、チームメイトや他大学の友人にシェアしてもらえるとありがたいです↓