【20卒】合格エントリーシート アサヒビール サッカー

Q. あなたのこれまでの挑戦において、「自ら考え、行動に移し、他に類を見ない、圧倒的な成果を生み出した経験」や、「固定観念や前例にとらわれず、0から1を生み出した経験」を教えてください。また、その経験が自分に与えたものや価値観・考え方の変化について教えてください。(700文字以内)

私は中学時代強豪サッカーチームに入団し、厳しい練習についていけず、圧倒的に力不足でした。しかし、努力と協調性で人を惹きつけ、主将として、3度の全国制覇と世界大会準優勝という結果を残しました。

進学は、将来を見据えて、勉学と両立できる地元の高校を選びましたが、全国大会にすら出場したことがないチームでした。そこで、個で劣る私たちでも協力すれば勝てるという希望を配ることから始め、入部当初大阪リーグだったチームを2年かけて、関西リーグ、全国リーグへと昇格をさせ、全国大会には3年連続で出場し、3年連続ベスト8という結果を残しました。1を10にした瞬間です。

大学では選手でありながら、大学サッカー連盟の幹事も務めました。幹事は練習を欠席し、大学サッカー全ての大会の計画から実行までを行うため、4年間試合出場見込みのない選手を派遣することが、毎年の暗黙のルールであり、幹事の価値は0でした。

そこで私は自らがその役を受け入れ、大学サッカーにおける幹事の価値を創造するため、各大学へ幹事に対する待遇の改善をお願いする文書を提出しました。結果、各大学で幹事の練習時間の確保やアルバイトが困難な下宿幹事への経済的支援等が検討され、現在も多くの大学が検討を重ねています。0を1にした瞬間でした。そして、現在は部内で副将を務めながら、連盟では幹事長を務めるという極めて異例の役職に就きました。

これらを通して、私は自分の持つスキルをバランスよく使い分けながら、課題を合理的に、時には感情的に解決することが、チームが成功する原則であることを学び、個で劣る私は、組織を動かすことに長けていると感じました。

## アサヒビールの合格エントリーシート一覧を見る
## ビールメーカーの合格エントリーシート一覧を見る
## サッカー部の合格エントリーシート一覧を見る
## 全ての合格エントリーシートを見る

◎この記事があなたのお役に立てたなら、チームメイトや他大学の友人にシェアしてもらえるとありがたいです↓