【21卒】合格ES 東芝 準硬式野球

Q. 学生時代に力を入れて取り組んだこと(500文字以内)

私は部員70名の大学野球部で選手リーダー務め当事者意識の差をなくすことに注力しました。

達成困難なことに対して燃える性格からリーグ戦2連覇を目標にし、達成のためには一体感が必要だと考えました。しかし下級生に当事者意識が無いことによる一体感の欠如があり、原因分析のため一対一で下級生と接することで下級生が意見しづらい環境に原因を見出しました。

そこで原因解決には下級生の意見が通る環境の構築が必要であると考え、下級生副主将を提案しました。裁量権をどの程度与えるかで設置への意見が割れましたが私の選手リーダーとしての信頼から設置に至りました。設置の結果、以前には無かった下級生のみでのミーティングや自主練習をするようになり、下級生に当事者意識を持たせることに成功しました。そして高いレベルで一体感のあるチームになり目標であるリーグ戦2連覇を達成することができました。

この経験からチームでの目標達成には高い意識統一、課題解決には主体的な行動が重要であることを学び、コミュニケーション力、課題解決力、行動力が洗練されました。

Q. 東芝で実現したい夢、仕事をする上での夢や目標、「東芝」という自己実現の場を通して、自らが社会で実現したいビジョンを教えてください。(300文字以内)

すでに登録済みなのでログインする