【19卒】合格エントリーシート 味の素 少林寺拳法

Q. あなたが学生時代に最も力を入れて取り組んだテーマ1について記述してください。

テーマ1:体育会少林寺拳法部で全国大会にてベスト4という歴代最高成績を収めた経験

・活動内容:体育会少林寺拳法部
・活動期間:大学1年生6月~現在
・活動量:週2日+年30回の公式行事
・所属人数:73人
・役職:主務
・内容:強豪校との比較分析、他部活とのコミュニケーション

【設問1】あなた自身が主体的に設定した課題はなんですか。(100文字以内)

従来の練習方法との差別化を図れず、部のレベルが一定化していたことに問題を感じた。

そこで、具体的に強化するポイントを絞った練習を提案・実行する必要があると考え、チームを飛躍的に成長させるために尽力した。

【設問2】課題解決の為に取り組んだことはなんですか。(300文字以内)

部として成果を出すために練習方法を改革したことである。

下級生時代に個人で全国大会優勝を目指し強豪校と自分を比較して不足部分を分析し、粘り強く練習に励んだ。結果、1年次の全国大会で3位入賞を果たした。

そこで培ったノウハウを活かして私が考えて行動したことは主に2つある。

1つ目は自身が行ったことを部に還元し、勝てるイメージを植え付ける為、不足部分を目に見える形で整理して部員に伝えたこと。

2つ目は性別や部門ごとに採点基準が異なる為、審判のニーズを分析し、効果的に点数を獲得するための技術を学んだこと。

これらを行ったことで具体的に強化するポイントを絞った練習を実行し、目標達成に向けた起爆剤となった。

【設問3】課題解決の為に、チームでどのような役割を発揮しましたか。(200文字以内)

下級生時代に自身が全国大会入賞を果たした経験から「分析力」を活かして部に貢献した。この力を活かし、後輩一人一人の育成にも力を入れた。

後輩の95%は初心者で、自身で改善点を見つけ出すことは困難であった。そこで後輩たちの動きを徹底的に見て得意な点や改善点を把握し、各々に合い、効率よく技術を習得できる練習を提案した。

このようにしたことで、誰が見ても変化に気づくほど上達し、部の目標達成の一助となった。

【設問4】あなたにとって最大の困難と、その困難を乗り越えた経験はなんですか。(200文字以内)

幹部と後輩の意識統一に苦労した。

部の目標を定めたが、後輩の中には自身の目標達成の為だけに活動する者もいた。打開すべく、後輩個々の具体的な目標を知るべきだと思い、面談を行った。

そこで各々の目標は尊重しつつ、どの様に部の目標達成に貢献できるかを一緒になって考えると同時に、幹部の想いを浸透させた。

その結果、後輩たちは自身の目標達成だけでなく部の目標に向け、自身にできることを主体的に見つけるようになった。

Q. あなたが学生時代に最も力を入れて取り組んだテーマ2について記述してください。

テーマ2:委員長として大学全体の士気向上の為に新たな施策に挑戦した経験

・活動内容:大学体育会本部
・活動期間:大学1年生4月~現在
・活動量:週5~6日
・所属人数:48人
・役職:委員長
・内容:委員長としてリーダー研修の企画・運営

【設問1】あなた自身が主体的に設定した課題はなんですか。(100文字以内)

昨年、70年の伝統ある大会に敗北したこと、各部活が他部活に対して興味がないということに問題を感じた。

そこで、大学全体の一層の底上げ、各部の団結力を強化することで全体の底上げを図る必要があると感じた。

【設問2】課題解決の為に取り組んだことはなんですか。(300文字以内)

大学体育会全体の士気と団結力強化の為「1泊2日のリーダー研修」を行った。

私の大学は近隣4大学と70年間、定期戦を行っているが、昨年優勝を逃した。敗北原因を突き詰めた結果、1. 部活毎のレベルの差が顕著に表れていること。2. 大学全体の結束力が弱いということが原因だった。

そこで各部が一同に会し、交流や意見交換の場を作る必要があると考えた。リーダー研修で行ったことは、特別講師の講演会やワークシップを通じ、各部の運営方法や工夫した練習法など共有した。これにより各部が刺激し合え、競争力を持った大学体育会を作り上げた。

また、研修時間外では懇親会を行い、各部との交流の場を設けたことで、横の繋がりを強固にした。

【設問3】課題解決の為に、チームでどのような役割を発揮しましたか。(200文字以内)

約70部活、延べ4,000人を統括する本部の委員長として全体の成果の為に必要なことを考え実行に移し、組織に貢献した。

全体の状況を把握の為、代表者と面談をし、部の戦績や現状を聞いた。これより各部の課題のみならず、共通課題を見つけた。具体的に「部活毎のレベル差」「他部活に興味がない」ということであった。

打開すべく新たな試みに挑戦し底上げと団結力を強化した結果、優勝を逃した定期戦で現在、首位を独走している。

【設問4】あなたにとって最大の困難と、その困難を乗り越えた経験はなんですか。(200文字以内)

新たな試みを行うまでの準備に苦労した。

最初は私一人でリーダー研修の段取りを決め、任務を遂行していた。だが処理しきれず効率の悪さやミスが目立った。

そこで、本部員全員に新たな試みの意義と目的をしっかり伝え、協力を求めた。全員に責任のある役割を任せ、進捗状況を逐一確認した。困った時は助け合い、本部全体で解決することを意識した。

結果、新たな試みを完遂し、大学全体だけでなく本部の一体感も高めることもできた。

Q. あなたにとって働くとはなんですか。(100文字以内)

2つの「喜び」である。

1. 期待を上回る行為・感動商品を提供した際に感じる相手側の喜び。

2. 感謝され、幸せを分かち合える自分側の喜び。

これらが相乗効果を生みながら循環することが働くということであると考える。

Q. 味の素で挑戦したいこと、実現したいことはなんですか。(200文字以内)

食品事業にて未開の地に、貴社の商品を展開させる事業規模の拡大に挑戦したい。そして唯一無二の商品を用い、地球上全ての人たちを健康にし、笑顔と幸せを与えたい。

私は貴社の製品の幅広さとグローバルに事業を展開し「開拓者精神」がとても強く、世界へ挑戦する姿勢に共感した。貴社でこそ、学生時代培った組織の成果の為に尽くし、様々なことに挑戦する力を活かし、世界中の人に笑顔と幸せを届ける挑戦ができると考えている。

## 味の素の合格エントリーシート一覧を見る
## 食品メーカーの合格エントリーシート一覧を見る
## 少林寺拳法部の合格エントリーシート一覧を見る
## 全ての合格エントリーシートを見る

◎この記事があなたのお役に立てたなら、チームメイトや他大学の友人にシェアしてもらえるとありがたいです↓