【21卒】合格エントリーシート 日本ハム バスケットボール

Q. 職種の志望理由をご記入ください。(150文字以内)

営業職を志望する理由は、私の強みを活かすことができるからだ。小学校から続けるバスケットを通じて、コミュニケーション能力と課題解決力を身につけた。これらは、顧客との信頼関係構築の際に必要であり、営業職だからこそ発揮できると考える。入社後は、強みを活かし、顧客のニーズに的確に応える営業を行いたい。

Q. あなたの強みと弱みを教えてください。(300文字以内)

強み「他喜力」

他気力とは、”他者”を”喜”ばせるために行動することのできる”力2のことを示す。上記でも述べた小学校から続けるバスケットの活動を通じ、「試合に勝つことで、日ごろから応援してくれている両親を喜ばせたい」「チームメイトが点を取るために、より良いパスを配給したい」といった想いを強く抱き、それを行動に繋げることで結果を生み出してきた。高校生活最後の大会では、他喜力が自身の原動力となり、全国大会3位という成果も挙げた。

弱み「お節介」

一方で、少しお節介になってしまうことを自身の弱みとして挙げる。他者が悩みを抱えているとその人のためになろうと何でも首を突っ込んでしまいがちである。

まずは相手の話をよく聞いたうえで、自身の判断軸だけで行動せず、どのようにしたら相手が喜ぶのか、何をすることが相手にとってベストなのかをしっかりと考えたうえで、アクションを起こすように心がけている。

Q. 日本ハムの商品の中で一番好きな商品をご記入ください。(20文字以内)

シャウエッセン

Q. 上記をあげた理由をご記入ください。(300文字以内)

私が保育園児の頃から、母が作るお弁当には決まって「シャウエッセン」が入っていた。

私の家庭では父のソーセージに対するこだわりが強く、「ソーセージはシャウエッセンしか食べたくない」と言っていたため、母はいつもシャウエッセンを買っていた。イベントごとがあるときにはたこさんウインナーとなって弁当箱に登場していた。

大学生になり、上京したことで一人暮らしを始めた私は、スーパーに行くとシャウエッセンを手に取ることがよくある。母が作ってくれていた弁当と、父の言葉を思い出し、改めてシャウエッセンの美味しさを求め、購入する。調理をして食べているときもまた、家族で食卓を囲みご飯を食べていた光景が思い出される。

私も貴社に入社した後には、「家庭の幸せを築くための一ピース」となる商品を手掛けたい。そして、こだわりの強い私の父が、「シャウエッセンより美味しい」と思わず口にするような商品を生み出す野望を持っている。

Q. これまでにあなたが目標を持ち、積極的に挑戦したことについて教えてください。(500文字以内)

体育会バスケット部での主将としての活動だ。現在は、昨年降格してしまった悔しさをバネに関東大学リーグ2部昇格を目標に挑戦している。

私は昨年度降格に至った理由を考え2点の課題解決に取り組んだ。1. 選手間の信頼関係不足、2. 個々人の練習量不足の改善である。そこで、私はチームに先輩後輩でのペア制度を設けることを提案した。先輩後輩がペアになってシューティングやウエイトトレーニングなど、何事にも取り組むことで、選手間の信頼関係の構築と自主練習への促進を図った。練習で手を抜きがちな選手に対しては、週一回面談を設けるなどして、リカバリー策を講じた。

結果、学年の垣根を越えて選手間の風通しが良くなりチームの一体感が強まり、ウエイト参加率が週1から週4に向上。試合の勝率も2割から8割に向上した。この経験から自身が主体性をもって提案した新たな仕組みによって、組織に成果をもたらす事ができると実感した。

## 日本ハムの合格エントリーシート一覧を見る
## 食品メーカーの合格エントリーシート一覧を見る
## バスケットボール部の合格エントリーシート一覧を見る
## 全ての合格エントリーシート一覧を見る

◎この記事があなたのお役に立てたなら、チームメイトや他大学の友人にシェアしてもらえるとありがたいです↓