【20卒】合格エントリーシート 富士通 アメフト

Q. あなたが学生時代に力を入れたことを教えてください。※1つ以上、最大3つまでご回答ください。(30文字以内)

1. 12年間続けてきた野球を辞め大学からアメフトに挑戦
2. 現在所属するアメフト部において下級生の意識改革
3. 高校時代所属した野球部においてレギュラー奪取

Q. 学生時代の取り組みの中で、あなたが自信を持ってやり遂げたと言えるエピソードは何ですか?その背景と、あなた自身が取った行動、その結果をできるだけ具体的に記述してください。(400文字以上600文字以内)

下級生のアメフトに取り組む姿勢を変えたことだ。

ポジションリーダーとして、筋トレ・体重管理をしている中で、4年生と下級生の間で取り組む姿勢にギャップがあるという課題が見えた。3年生以下には、上級生の自覚がないと考察した。下級生のモチベーションが低いことは、部員が100名を超える部活の強みを殺している。そのため、下級生の姿勢を変えることがチームの強みを活かし、底上げになると考えた。

そこで私は親子制度を考案した。これは上級生と下級生で親と子を決めて、親が子供の筋トレや体重の管理を行う制度である。2,3年生にも役職を与えることで、当事者意識を持たせるためだ。上級生の自覚が芽生えたことで下級生の自発的な行動が見られるようになった。また上下間のコミュニケーションも増え、信頼関係の構築にも繋がったと思う。

信頼関係が構築されれば、互いにその信頼に応えなければならないという意識から、自己成長を目指した更なる自発的な取り組みの発生が見込める。これによって目的の達成に大きく近づくことができる他、時には目的以上の成果を上げることさえ可能になることを実感した。

Q. あなたが富士通で挑戦したいことについてご記入ください。(400文字以上600文字以内)

人々の毎日に「新しい当たり前」を創りたいという思いから、医療の発展に挑戦したい。なぜならば、地方で暮らす祖母が病気で倒れた経験や、今後高齢化社会の進展が予想されるため、疾患の治療に留まらず、予防や介護、医療機能の連携など患者さんの目線に立った地域医療が必要になると考えるからである。

そこでICTを活かした最先端の地域技術を開発したいと思う。中でも貴社を実現のフィールドとして考える理由は二つある。

一つ目はチームで挑戦している点である。貴社は、お客様や社会が抱える問題の解決や、人々の夢を実現していくために、ICTに関わる最先端技術や人の知恵などを結集し、総合的な力で達成している。私は部員が100名を超えるアメリカンフットボール部で、私の個性を見出しながら、仲間と協力しあって一部昇格を目標に日々努力をしている点がマッチしていると考えた。

二つ目は年次に捉われない社風である。貴社は年齢・性別・国籍問わず活躍できるフィールドが存在する。これは同業界と比較しても貴社ならではの強みであり、若いうちから自己成長の機会が与えられる点に惹かれた。

この二つの点から志望を決断した。ICT技術を駆使した新しいソリューションの提供を、貴社の技術や過去のノウハウを使って挑戦したい。

## 富士通の合格エントリーシート一覧を見る
## ITメーカーの合格エントリーシート一覧を見る
## アメフト部の合格エントリーシート一覧を見る
## 全ての合格エントリーシートを見る

◎この記事があなたのお役に立てたなら、チームメイトや他大学の友人にシェアしてもらえるとありがたいです↓