【20卒】合格エントリーシート 富士通 バレーボール

Q. 学生時代の取り組みの中で、あなたが自信を持ってやり遂げたと言えるエピソードは何ですか?その背景と、あなた自身が取った行動、その結果をできるだけ具体的に記述してください。(400文字以上600文字以内)

自信を持ってやり遂げたことは部活動です。私は現在体育会バレーボール部に所属し、関西1部リーグ優勝を目指し日々取組んでいます。しかし唯一の一般入部だった私にとって、入部当初の試合への出場機会は乏しい状況でした。

そのため、試合に出るために私は取り組み方を学びました。周囲と同じことをやっていては同じ成長しか描けません。試合出場という目標を設定し、達成するために逆算してプロセスを踏む、失敗したら課題を見つけ改善する。これを継続していくことで強みと弱みが明確となり、強みを伸ばし弱みを改善することで次第に出場機会を増やすことができました。

この結果は私に逆境を乗り越えるには自ら考え行動する主体性が必要であり、実際に試合に出たときに、サポートをしている先輩がいることに気づき、試合に出ることだけがチームへの貢献ではないと教えてくれました。そしてこの取組みによってチームに信頼された私は今年度よりトレーナーに任命され、チームのフィジカル強化、コンディションを整えるアップの指導を一任されています。

またより良い組織作りをしていくために、選手間の意見の食い違い、温度差といった障壁の改善に取り組んでいます。選手たちはただトップダウンで指示をしていても、ついてきてくれません。自分の言動・行動に責任を持ち信頼関係を築くと共に、私が行ってきた目標に向けた具体的な方針を示すことで、組織をマネジメントしています。

Q. あなたが富士通で挑戦したいことについてご記入ください。(400文字以上600文字以内)

貴社で挑戦したいことは、ICTの技術を用いて、世の中の課題を解決することです。そして仕事を通して、自分や企業の価値を提供することで、社会に対して自分の存在意義を示したいです。

貴社は富士通グループの中核を担う企業であり、多くのグループ会社と結託することで、競合他社にはできない大規模なシステムの運用から管理を行えるという価値を持っています。この価値を私がユーザーに提供していくことで、ユーザーの持つニーズを解決し、その延長線上にある社会課題を解決していきたいです。

またそのために、テクノロジーソリューション事業の営業を担っていきたいと考えています。私は社会課題を解決するために、1つの分野のプロフェッショナルとなり多くの業界・人々と関われる仕事に就く必要があると考えます。ICTは最も遠い存在にあると思われているような農業業界にも、深刻な労働者不足という社会課題を解決するために進出しています。このように、業界にかかわらず、点と点を線で結び、変わり続ける社会のニーズに対応できるのはICTだけであり、私は貴社のテクノロジーソリューション事業に挑戦したいです。

しかし、ICTはモノではなく実態がありません。そのため、貴社のICTをユーザーに提供して行くには私という人間を信頼してもらう人間力が必要であり、自分という人間で勝負できる営業として貴社の価値を提供し、時代と共に変わり続ける世の中の課題に挑戦していきたいです。

## 富士通の合格エントリーシート一覧を見る
## ITメーカーの合格エントリーシート一覧を見る
## バレーボール部の合格エントリーシート一覧を見る
## 全ての合格エントリーシートを見る

◎この記事があなたのお役に立てたなら、チームメイトや他大学の友人にシェアしてもらえるとありがたいです↓