【20卒】合格エントリーシート NEC アメフト

Q. 学生時代、最も一生懸命取り組んだことは何ですか?またその取り組みの過程でどのような経験をし、どのように成長したかお聞かせください。(400文字以内)

アメフト部での活動である。

大学から始めたアメフトは、当初自分が思ったような動きが出来ないことや、経験者の同期や先輩方とのフィジカルの差も大きかったため、一時は辞めようと思っていた。しかし、未経験で入り、私と同様、初心者であった同期の仲間が試合に出る姿を見ると悔しくて、私も負けたくないと思った。

そこで私は、私生活から見つめ直した。具体的には食事と筋トレである。食事は毎日米を6合食べて増量をはかり、入部時68kgだった体重を100kgにした。筋トレはゴールドジムに入会し、週に5日筋トレをすることでフィジカルアップに励み、入部時60kgしか上がらなかったベンチプレスは150kgまで上がるようになった。

結果、今までできなかったプレーが可能となり、3年生からレギュラーに定着し、現在はポジションリーダーも務めている。この経験から、途中いかなる困難に直面してもあきらめずにやり抜くことができる強みを得た。

Q. あなたが当社で実現したいことをお聞かせください。またそれを実現するためには何が必要か、ご自身のお考えをお聞かせください。(400文字以内)

ITの技術で仕事の効率化を実現したい。

現在日本は少子高齢化によって労働人口が減少している。その結果、国力が減少することが考えられる。仕事の効率化を図ることで、少ない人口でも多くの生産性を生み出し、社会貢献に繋がると考えた。

中でも貴社を実現のフィールドとして考える理由は二つある。

一つ目はチームで取り組む点である。貴社は営業職やSEなど立場の異なるものと協働することで成果を上げてきた。私は現在所属するアメフト部は部員が100名を超える中で、自分の個性を見出しながら仲間と協力し、一部昇格に向け日々練習に励んでいる。これは貴社の取り組み方とマッチしていると考えた。

二つ目はNECバリューである自助の精神である。私は高校野球や大学アメフトの経験で様々な困難に直面してきたが、あきらめずに最後までやり抜いてきた。この経験は貴社に入社後も強みとなると考えた。

この二つの経験が貴社において必要なスキルになると考えた。

## NECの合格エントリーシート一覧を見る
## ITメーカーの合格エントリーシート一覧を見る
## アメフト部の合格エントリーシート一覧を見る
## 全ての合格エントリーシートを見る

◎この記事があなたのお役に立てたなら、ツイッターなどでコメントをもらえると嬉しいです↓