NEC 合格ES 04

Q. 学生時代、最も一生懸命取り組んだことは何ですか?またその取り組みの過程でどのような経験をし、どのように成長したかお聞かせください。(400文字以内)

体育会硬式野球部としての活動である。

その中で投手の球速が伸びないという問題をチームは抱えていた。その原因を考えた時に当時のチーム状況として、トレーナーが考えた練習メニューに対し非効果的だ、目的が不明瞭であると文句を言う選手がチームの6割を占めていた。

私はこの部分に何か起因するものがあると思い、選手の納得のいく練習メニューは何か考えた。そこで私は各個人が思う効果的メニューの提出を求めることを投手リーダーに提案した。これに伴い、各個人に役割を持たせることで当事者意識が高まり責任感を持つようになった。その結果、伸び悩んでいた各投手の球速がメニュー提出制度を導入後1㎞~2㎞アップした。

私は、この活動を通して、対策を立案し、周囲を巻き込む力を発揮することができた。また学びとして、誰かに指示され、やらされる練習より、自ら能動的に取り組む方が確実に効果を生み出すことができる事に気づくことができた。

Q. あなたが当社で実現したいことをお聞かせください。またそれを実現するためには何が必要か、ご自身のお考えをお聞かせください。(400文字以内)

すでに登録済みなのでログインする