ブリヂストン 合格ES 07

Q. 大学または大学院在籍中に一番力を入れて取り組んだことについて、具体的なエピソードを挙げて、記載してください。(500文字以内)

私は体育会サッカー部において「1部昇格」に全力を注ぎ、成し遂げました。

昨年、サッカー部は関西学生リーグの2部で、前期は●位と昇格には程遠い最悪の成績でした。私は根本的なチーム改革と個人的なレベルアップが必要だと考え、主体的に行動しました。チーム内で、学年に捉われず、積極的に戦術改革を提案しました。中には変化を恐れて反対する人もいましたが、現状を変えるには挑戦するしかないと訴え、チームを動かしました。

戦術を見直した際に、チームの体力面が弱点として浮き彫りになりました。この弱みを改善するために、1試合で一人10km走る最低ラインを作ることで克服していきました。

さらに、私自身スタメンで出場し続けていたにもかかわらず、前期0得点という結果に大きな責任を感じていました。そこで毎日欠かさず30本のシュート練習を行いました。続けることは辛かったですが、絶対に昇格するという強い信念を持ち、やり抜きました。

結果、個人では6得点の成果をあげ、チームも改革が功を奏し、1部昇格を実現しました。この経験から何が必要かを考え、主体的に行動し、粘り強く努力し続ける大切さを学びました。

Q. 大学または大学院在籍中に二番目に力を入れて取り組んだことについて、具体的なエピソードを挙げて、記載してください。(500文字以内)

すでに登録済みなのでログインする