【22卒】合格エントリーシート 武田薬品工業 ウィンドサーフィン

Q. タケダを志望する理由をご記入ください。(400文字以内)

「より多くの患者様のQOL向上に貢献する」という私の夢は、貴社で実現可能だと考えるため志望する。

私は幼い頃から病弱な母の看病をしていた。幼いながらにも、薬品によって母の病状が回復した時、その利便性や可能性に感銘を受けた。そして、次第に薬品業界を志望するようになった。社会に出るにあたり、母だけでなく、世界中の「誰かにとって大切な人」を守りたいと考えるようになった。

その中でも貴社に惹かれた理由は、業界のリーディングカンパニーであり、創業当初から誠実さや公正・正直・不屈の精神といった「人としての魅力」を大切にしているからだ。私は母を看病した経験から、「目の前にいる人を救い、癒す」ことに全力を尽くせる人間だと自負している。

将来的には、日本だけでなく、世界中の人々にも貴社の製品を広めるため、海外事業に携わることで貴社に貢献したい。そのために、まず担当する地域で人々に信頼される人間になることが入社後の目標だ。

Q. 学生生活で最も力を入れて取り組んだことについてご記入ください。(30文字以内)

体育会ウィンドサーフィン部でチーム力向上に尽力したこと。

Q. 最も力を入れて取り組んだことの具体的内容をご記入ください。(どのような困難があり、それをどのように工夫して乗り越えたか。周囲の方ではなく、特にあなたが主体的に取り組んだこと)(600文字以内)

大学3年で副将に任命されてから、「部内のモチベーションの差から生まれる雰囲気の悪さ」という問題に直面した。原因は、モチベーションの低い部員たちが「努力することは格好悪い」という考えを発信していることだった。この問題を解決するために、私は「自身の競技に対する熱い姿勢と積極的なコミュニケーションでチームを引っ張ること」を心掛けた。

まずは自身の実力をつけ、部の模範となるために、積極的に強豪他大学との合同練習を企画した。やる気のある部員たちを大学問わず集め、互いを高めあえる環境に自分を置くとともに、その環境を周囲にも提供できた。

さらに質の良い練習を目指すことが必要だと考え、他大学のコーチに朝練の指導を頼んで緊張感のある練習環境構築を心がけた。週5回の練習を2年間継続した結果、私は全国大会で7位を獲得することができ、私を目指して頑張りたいと言ってくれる部員が増えた。この点において、部内のモチベーションアップに貢献できたと考えている。

さらに、副将として積極的に部員とコミュニケーションを取った。部員をよく観察して話を聞き、悩みの解決方法を共に考えた。その結果、チーム力が向上し、全日本インカレ個人戦において上智大学史上最多の15人が出場を果たした。

この経験から、自身の競技に対する熱い姿勢と部員との信頼関係構築でチームの向上心を高められることを学んだ。

Q. これまで英語を使って会話やプレゼンテーションをした経験があれば、その経験を具体的にご記入ください。(150文字以内)

所属する●●大学の国際教養学部は全授業が英語で開講されるため、プレゼンテーションや講義を含め、4年間公用語が英語の環境で勉強している。さらに、大学2年次で経験した英国留学中は、英国人11人と同じ寮に住み、ネイティブとの会話力も培うことができた。朝から晩まで本場の英語に浸った日々が半年間続いた。

## 武田薬品工業の合格エントリーシート一覧を見る
## 製薬メーカーの合格エントリーシート一覧を見る
## ウィンドサーフィン部の合格エントリーシート一覧を見る
## 全ての合格エントリーシートを見る

◎この記事があなたのお役に立てたなら、ツイッターなどでコメントをもらえると嬉しいです↓