【21卒】合格エントリーシート 日本中央競馬会 ゴルフ

Q. JRAを志望した理由(400文字以内)

競馬の魅力をもっと多くの人に知ってもらい、世の中に感動をもたらしたいと考えているからです。

私も昔は、競馬はおじさん達がやるギャンブルでしかない、と良い印象を持っていませんでしたが、実際に競馬場に行くと、様々な人の想いを乗せて走る競走馬の躍動感や、10万人規模の熱狂や感動に圧倒され、競馬に魅了されました。

この競馬のスポーツエンターテインメント性や、血統やレースの知識などを身に付けて賭ける奥深さをより多くの人に体験して頂き、楽しんで欲しいです。

また、競馬事業の健全な運営、ファンサービスの充実という目標達成に向け、職員の方々が一丸となって取り組んでいることを貴会のインターンシップを通して知りました。特に土日の開催業務では事務・技術職の垣根を超え、力を合わせて日本最大級のレジャー運営を実現しています。私もチームワークを大切にして自分の役割を果たすことで、競馬事業の恒久的な繁栄に寄与したいです。

Q. これからの競馬をどのようにしていきたいか、そのためにJRAが力を入れるべきことは何かお書きください。(400文字以内)

CMのような華やかなイメージに近づけることで、競馬人口を増やしたいです。特にまだまだ少ない若年層に競馬のスポーツエンターテインメント性や考えて賭ける楽しさを知ってもらいたいです。

そのためには若者に競馬場へ足を運んでもらう施策にさらに力を入れるべきだと考えます。 私が考えるのは、SNSでの宣伝、日帰りツアーの提供です。SNSの宣伝ですが、近年、若者が情報を取り入れるのはInstagramが主流であります。インスタグラマーをキャスティングし、競馬に関する投稿をしてもらうことで、多くの学生にまずは興味を持ってもらうことができると思います。

日帰りツアーでは、競馬場へのアクセスを始め、競馬教室、昼食など全て行程表を組み、競馬の基本的な楽しみ方を知るサポートします。競馬に興味があったとしても、実際何をどうすればいいのか分からない若者が多いと思うので、最低限の知識をセットで提供することが必要だと考えます。

Q. 長所と短所をお書きください。(300文字以内)

長所は粘り強さです。習い事、受験勉強、部活動など今まで真剣に取り組んだ事には、必ずなかなか進歩せず辛い時期がありましたが、諦めずそれを乗り越え続けた先に上達や目標達成という成果が待っていました。辛い時期は成長に不可欠で次のステップへの助走期間だと知っているので、前向きに受け止め努力できます。

短所は優柔不断なところです。受験校やゼミ、日常の些細なことでも選択する際に時間がかかってしまいます。失敗を避けるために様々や場合を想定してしまうのですが、社会人になったら会社やチームに迷惑をかけてしまう可能性があります。改善のため、ミスを恐れないを勇気を持って素早く判断するよう心がけています。

Q. あなたが好きなことを一つ選び、その魅力をPRしてください。(300文字以内)

好きなことはゴルフです。大学から体育会ゴルフ部に所属し私にとってゴルフは真剣に取り組むものである一方、息抜きとなる趣味でもあります。簡単には上達はしませんが、継続して練習することで確実にスコアアップという自己成長を味わえる点、プレーヤーの性格や調子によって同じコースでも攻め方が何通りもある点など、とても奥が深いです。

また、プレーは勿論、四季折々のゴルフ場の景色、ゴルフ場までの小旅行やそこでの食事など、スポーツ以外の要素も仲間と楽しむことができます。そして、ゴルフは年齢や性別関係なく様々な人と一緒に楽しめる唯一無二の娯楽であり、コミュニケーションツールとして力を発揮することも魅力です。

Q. これまでに最も力を入れたことについてご記入ください。(300文字以内)

39団体が所属する本部会計局長として各部への金銭的援助に最も力を入れました。大学側を説得できれば援助金がもらえる仕組みがあるのですが、本部はしっかり通達しておらず、各部にも積極的に大学を説得しようという姿勢は見られませんでした。勿体ないと感じた私は各部と大学側の仲介役になることでこの仕組みを機能させようと決めました。

まず、各部に仕組みの便利さと手順を分かりやすく通知し、希望団体に活動状況とともに何をどのような理由で買いたいのか丁寧にヒアリングしました。そしてそれをもとに私が大学に粘り強く交渉し、実際に合計10団体、100万円ほどの援助を受けることができ、組織に貢献する喜びを実感しました。

## 日本中央競馬会の合格エントリーシート一覧を見る
## 特殊法人の合格エントリーシート一覧を見る
## ゴルフ部の合格エントリーシート一覧を見る
## 全ての合格エントリーシートを見る

◎この記事があなたのお役に立てたなら、ツイッターなどでコメントをもらえると嬉しいです↓