【22卒】合格エントリーシート NTTデータ ボート

Q. NTTデータでは求める人材像として、次の3つを定義しています。この中でご自身にもっとも当てはまるものを選択してください。回答した内容をもとに、NTTデータを志望した理由を記入してください。(

私は部活動においてデジタル技術を用いてパフォーマンスを向上させた経験から将来デジタル技術を通じて社会を良くする仕事に就きたいと考えています。

そしてデジタル技術を用いる様々な企業のOB訪問をさせていただいた中で、御社の社員の方が業務内容について非常に楽しそうにお話しているのを聞いて、御社は社員が楽しくやりがいを持って働くことが出来る環境が整っていることを感じ御社で働きたいと考えるようになりました。

Q. 選択いただいたコースで、入社後チャレンジしたいことを述べてください。(全角200文字以内)

私は部活動において主将として、目標を達成するためにチームマネジメントをおこなってきました。この経験により部員一人一人との信頼関係の構築、チームの課題を解決するための課題解決力が身についたと考えています。この強みを活かして御社では、顧客に合ったソリューションを提案し企業の成長を支えたいという風に考えています。

Q. あなたがチームで最も高い成果を上げた経験を、そのときのあなたの役割とチームへ及ぼした影響も含めて具体的に記入してください。(全角300文字以内)

私がチームで最も成果をあげたのは私が主将を務めている漕艇部での活動です。

私達の部活はここ数年、全く勝つことが出来ずにいました。それにより選手のモチベーションが低くなってしまっていました。私はこの状況を変えるには大きな改革をする必要があると考え、まず初めに部員とコミュニケーションを取ることで漕艇部の課題を明らかにしました。その後マネージャーやトレーナーに力を借りながら課題を解決出来る役職、仕事を作成し、少しずつ課題を解決していきました。

その結果練習の質があがり選手のモチベーションも高まりました。そしてシーズン初めの西日本選手権では準優勝を獲ることができました。

Q. 今までの人生の中で一番苦労したことに対してどのように乗り越え、そこから何を学んだか記入してください。(全角300文字以内)

私が人生で一番苦労したことは人の心を動かせるようなリーダーになるための行動です。

主将になろうと思った当初、私はこれまでの主将の真似事をすれば自然と仲間はついてきてくれると思い真似事をしていました。しかし誰もついてきてくれませんでした。私は主将と自分では何が違うのかと悩み続けました。

そこで私は当時の主将以外のリーダーを知り、リーダー像に関する視野を広げるため結果を残した歴代の主将だけでなく、日本代表選手にも自ら連絡をとりリーダー像の多様性を学びました。そこから自分なりのリーダー像を確立することができました。その結果、部員からの推薦で主将を務めることが出来るようになりました。

## NTTデータの合格エントリーシート一覧を見る
## 情報通信系企業の合格エントリーシート一覧を見る
## ボート部の合格エントリーシート一覧を見る
## 全ての合格エントリーシートを見る

◎この記事があなたのお役に立てたなら、ツイッターなどでコメントをもらえると嬉しいです↓