【22卒】合格エントリーシート 兼松 ウィンドサーフィン

Q. ゼミ・研究内容をご記入ください。

ウィンドサーフィン部の練習中に海洋ゴミがボードに絡みついた経験から、海洋汚染に関する問題意識が高まり、高分子について力を入れて勉強してきた。

具体的には、生分解性高分子を始めとした高機能材料の創生を学び、社会課題の解決策を考えた。4月からは、性差別問題解決のために、動物行動学の研究に尽力したい。

Q. あなたが責任をもって最後まで行動した事は何ですか?※無い場合は途中でやめてしまった理由等含めご記入ください。(200文字以上300文字以内)

ウィンドサーフィン部の主将として、全部員の全国出場を目標に掲げ、チームの鼓舞や練習内容の考案に尽力した。特に、現状分析を行い、2つの施策を講じた。

1. 過去の試合から海面判断力に課題があると判明し、他大学を巻き込んだ実戦的な練習を増やし、練習後に話し合う時間を設けた。

2. 個人間のやる気の差が課題であると分かり、個人面談の実施と全部員で練習内容について議論する時間を設けた。その結果、チームの士気が高まり、レース技術が向上したため、前年より3人多い15名の選手が全国出場を決めた。

この経験から、積極的な話し合いが、部や個人が抱える課題の解決に繋がり、チーム一丸となって目標に突き進めると学んだ。

Q. 学生時代あなたが最も熱意をもって挑戦したことは何ですか?(200文字以上300文字以内)

海洋汚染の現状を多くの人に伝えたいという思いでコンテストに挑戦した。

大学の部活動の練習中に、海洋ゴミがボードに絡みついた経験から、地元の仲間を集めて団体を設立し、海洋汚染問題に取り組み始めた。そこで、自身の影響力を高め、世界中に発信できる二度とない好機だと考え、コンテスト挑戦を決めた。当初は、SNSのフォロワーが中々伸びず苦労したが、文章と写真、時間帯の三点を改善し続けた。

その結果、フォロワーが3か月で500名から1,900名まで増加した。そうして徐々に影響力を高め、NHKなどのマスコミを通じ、世界中に海洋汚染問題を発信できた。

Q. 当社を志望する理由を、「ご自身の人生経験の中で何がどう影響を与え、現在そう思うに至っているのか?」が明確に分かるように教えてください。(200文字以上300文字以内)

私は「グローバルに活躍できる環境があり、自分の人間力で勝負できるビジネススタイル」と「新しい事業に挑戦できる環境」の2軸から総合商社を志望している。大学時代に部活動や海洋汚染問題に取り組んだ経験からこの2軸を大切にしている。

特に、海洋汚染問題の解決に向けて、環境問題に取り組む企業や大学のサークルなどを巻き込んで海岸清掃イベントの企画した事やコンテストに挑戦した経験から、ゼロの状態から仲間と力を合わせて築き上げていく事にやりがいを感じた。

国内外の様々なパートナーを巻き込みながら、新しい事業を創造していく貴社ならば、まさに自分がやりがいを持って楽しく働くことのできると確信している。

Q. あなたは周囲の人からどのように評価されていますか?今までの経験を踏まえてご記入ください。(200文字以上300文字以内)

「周囲を巻き込みながら挑戦できる人」

私は、●●大学のコンテストに挑戦した時、社会課題の解決には多くの人の協力が必要であると考え、自ら運営する団体に加え、環境問題に取り組む大学のサークルなどを巻き込んで海岸清掃のイベントを企画した。

何度も議論を重ね、様々なアイデアを出し合った結果、コンテスト以前に開催した時より約50人多い85名を集客できた。また、社会問題の発信というコンテスト自体の目標達成のため、自ら試行錯誤を繰り返して学んだSNSのノウハウを他の候補者にも余すことなく教えた。

結果的に、私を含めた候補者全員が影響力を高める事ができたため、様々なメディアを通じて、世界中に社会問題を発信できた。

## 兼松の合格エントリーシート一覧を見る
## 専門商社の合格エントリーシート一覧を見る
## ウィンドサーフィン部の合格エントリーシート一覧を見る
## 全ての合格エントリーシートを見る

◎この記事があなたのお役に立てたなら、チームメイトや他大学の友人にシェアしてもらえるとありがたいです↓