【20卒】合格エントリーシート 川崎汽船 ラクロス

Q. ゼミ・研究室・卒論テーマ

●●研究室でコーポレートファイナンスを専攻し、「社名変更のシグナリング効果に関する実証研究」を行いました。

Q. 部活動・サークル活動

体育会男子ラクロス部に所属し、3年生では育成コーチ、現在では副将兼ポジションリーダーとして活動しています。

Q. その他(アルバイト・海外経験・留学・ボランティアなど主に力を注いだと思う活動があればご記入ください。)

私は好奇心旺盛で、大学時代8種類のアルバイトを経験しました。

中でも、関西空港の入国審査補助のアルバイトでは様々な国籍の方と接する貴重な経験をしました。同時に空港で働くという憧れも叶えました。

Q. 川崎汽船を志望した理由を論理的にご記入ください。(文字数無制限)

大学の授業で、物に価値を与える物流の重要性を学び、その重要な役割を担う仕事がしたいと思うようになり、中でも島国日本にとって必要不可欠な外航海運に惹かれました。

また、固定観念にとらわれず目的意識を持って行動することを大事にし、部活やゼミにおいて様々な改革を行ってきた私は、「進取の気性」の精神を持つ貴社でこそ働きたい、活躍できると思っています。

Q. 学生時代に最も力を入れた勉強や研究内容を、選んだ理由と合わせて分かり易くご記入ください。(文字数無制限)

コーポレートファイナンスを専攻し、企業が事業を行うためにどのように資金を調達し、どのような事業に投資を行い、どのように回収して利益配分を行うのかという経営の流れを、企業価値という概念を通して学びました。

この学問を選んだ理由は、目には見えない企業の強みや将来の不確実性をも織り込んだ上で、企業の価値、経営の価値をつけられることに魅力を感じたからです。

そのため、企業価値算定プロジェクトには特に力を入れました。分析対象企業と同業他社の過去10年間の財務予測財務諸表を作成、半年以上を費やし、最終的に理論株価を算定して当該企業の経営陣にプレゼンを行いました。

数値や理論だけでは説明不可能な現実の企業経営の奥深さを痛感しました。

Q. 下記選択肢の中であなたが最も強みだと思うものを一つ選び、具体的なエピソードを自由に記入してください。(文字数無制限)
選択肢:主体性・決断力、分析力、計画・段取り、変化の適応、創造力

選択したキーワード:主体性・決断力

体育会男子ラクロス部での新入生を育成担当した際、私は育成コーチとして当事者意識を持ち、それまでの育成方法を刷新した結果、例年予選落ちだった新人戦(関西全20チーム出場)で大学史上初の優勝を成し遂げました。

育成方法刷新の取り組みの1つが「フォームの改善」です。例年大きな課題はフォームの雑さが引き起こすパス成功率の低さだと私は考えました。そこで、私は自らの練習の傍ら、他の育成コーチや先輩、OBさんと何度もミーティングを重ね、正しいフォームとき何かを定義しました。それを上級生に丁寧に説明し理解してもらえことで、新入生への教え方に差が生まれないように努めました。

また、自分自身でも全体練習以外の時間も使い、新入生が正しいフォームでプレーできるまで徹底的に個人練習に付き合いました。その結果、パス成功率は例年の1.5倍に改善しました。

他にもいくつか取り組みを行いましたが、いづれも例年の課題を踏まえた上で、それらに優先順位をつけ、自ら主体的にまわりを巻き込み、実行してきました。

## 川崎汽船の合格エントリーシート一覧を見る
## 陸運 / 海運 / 物流の合格エントリーシート一覧を見る
## ラクロス部の合格エントリーシート一覧を見る
## 全ての合格エントリーシートを見る

◎この記事があなたのお役に立てたなら、ツイッターなどでコメントをもらえると嬉しいです↓