【22卒】合格エントリーシート 日本郵船(陸上事務職) ヨット

Q. これまでの大学生活の中でご自身が最も力を入れて取り組んできた事例を記載してください。事例は、550~600字以内で作成してください。
※最終的な結果のアピールだけではなく、その過程(プロセス)における具体的な行動・工夫を記載するようにしてください。
※「私の強みは●●力である」「●●力を活かして●●に貢献します」といった直接的な記載は不要です。

私はヨット部の活動に力を入れてきました。

全日本インカレ出場という目標を掲げていましたが、実情はその目標とはかけ離れていて、間延びした練習にもどかしさを感じていました。そこでメリハリのある活動にすることで活動の効率を上げようと考えました。具体的には毎回の練習準備の時間に制限を設けることで、練習時間を確保する取り組みを始めました。

しかし、なかなか設定した時間に間に合わせることができず、浸透しませんでした。私はやみくもに取り組んでも仕方ないと思い、一歩引いて部員を観察してみました。すると原因はそもそも誰も時計を見ず、時間を意識してないからだと気づくことができました。

改善案として、準備のタスクを細分化してそれぞれに時間設定を設けることで、時間管理をしやすくすることを提案しました。さらに、私が率先して「あと何分です」と声かけをし、それを全員で復唱することで、部員の時間への意識を高めました。また私自身も視野を広くし、周りを見て手が足りない所に手伝いに行くことで時間の短縮に努めました。

これらの取り組みの結果、以前と比べて約30分の準備時間削減に成功し、その分練習時間を延ばすことができました。この経験から、冷静に原因を探ることが大切であること、自らが率先して取り組む姿勢が周りを巻き込むのに重要であることの二点を感じました。

Q. 当社の事業活動の中で最も興味があるものを選び、その事業においてどの様なことを実現してみたいか、そのように考える理由と併せて具体的に300~350字以内で記載してください。

貴社のエネルギー輸送事業に興味があり、それにおいて液化アンモニアガスのサプライチェーンの確立を実現したいと考えます。なぜなら、ゼロエミッション社会に実現に貢献したいからです。

アンモニアは船舶の代替燃料やアンモニア発電の開発などが始まり、今後需要が急増する可能性があると考えられます。貴社では液化アンモニアガス運搬専用船とA-FSRBの実用化に着手しているため、いち早くこのニーズに応えられると考えます。そして、輸送契約をとり、本船を運行管理するなど、アンモニア輸送のパイオニアとしてビジネスモデルを確立するのは事務系の役割であると考えます。これを実現することで、アンモニアの安定供給を担い、ゼロエミッションの実現に貢献できると考えます。

## 日本郵船の合格エントリーシート一覧を見る
## 陸運 / 海運 / 物流の合格エントリーシート一覧を見る
## ヨット部の合格エントリーシート一覧を見る
## 全ての合格エントリーシートを見る

◎この記事があなたのお役に立てたなら、ツイッターなどでコメントをもらえると嬉しいです↓