【18卒】合格エントリーシート 東京地下鉄(東京メトロ) ラクロス

Q. あなたの誰にも負けない強みは何ですか。具体的なエピソードと共に教えてください。(400文字以内)

自分で決めた目標に向け地道な努力を続けられることです。

仲間と共に何か達成感を味わいたく、体育会女子ラクロス部に入部しました。当初技術面で劣る私を気遣いアドバイスを下さった副将の先輩のお陰で、ラクロスの楽しさを知りました。早く上達し先輩と同じチームでプレーをしたく、当時のCチームからAチームへの昇格を目標に掲げました。

リーグ戦開幕までの3ヶ月に居残りや自主練習で素振りやパスキャッチなどの基礎固めを徹底してBチームに昇格、次は応用技術習得のため先輩の指導を仰いだほか、ビデオ研究に励みました。自主練習には同期も誘い、励まし合いながら上達することも大切にしました。その結果、シーズン終盤にはAチームで先輩と一緒にプレーが出来たほか、同期で戦った新人戦でベスト8に入るなど、大きな達成感を得られた1年でした。

現在は自分が副将となり、チームを支えつつレギュラー選手として、二部昇格を目指して頑張っています。

Q. あなたの弱みは何ですか。どのように改善しているか具体的に教えて下さい。(400文字以内)

物事を判断する際に、情に流されやすいことだと思っています。それを痛感したのは、副将として半年後のリーグ戦に向けた練習方針を考えていた時の経験です。

昨年度のリーグ戦中は1年生とは別々の練習が続き、技術向上を阻めてしまったのではないかという申し訳なさから、今後は全体練習を中心とすべきというのが私の意見でした。一方、他の幹部は、全体練習では上手い人が下のレベルに合わせることになるため、チーム分けが必要との意見でした。主将から受けた、「1年生の成長を思う気持ちも判るが、私情に流されず、副将として広い視野から部全体の利益を考えるべき」との指摘はまさにその通りで、自分の甘さを痛感しました。

それ以降、判断を下す際には、必ず感情的な要素が入り込み過ぎていないか自問するように心掛けています。私情と合理性とのバランスをうまく取ったり、使い分けたりすることが、ある程度は出来るようになったと思っています。

Q. 就職活動において会社を選ぶ際に重要視していることは何ですか。あなた自身の想いや考え方を踏まえてお書きください。(400文字以内)

カトリックの学校で中高を過ごし、生徒のボランティア活動を推進する委員会に6年間所属しました。自分自身も介護施設にて身寄りのない方と交流を重ね、その方が以前より「明るく生き生きしている」と施設の方から伺った経験があり、自分の存在によって人の人生を支えることが出来るという充実した思いが心に深く刻まれています。

また、大学の体育会女子ラクロス部では副将として活動しています。主将やポジションリーダーと違い、副将には明確な役割がありません。部員一人一人に寄り添い、チーム状態を観察しながら、その時々に最も必要と思われる手を打つことで、縁の下の力持ちとして組織全体の取りまとめに貢献しようと心掛けています。

このような経験を通し、人や社会を支えることが出来る仕事に携わりたいと、いつの頃からか思うようになりました。自分自身も成長しながら、仕事を通じて世の中に貢献できるような環境を見つけたいと考えています。

## 東京地下鉄(東京メトロ)の合格エントリーシート一覧を見る
## 鉄道の合格エントリーシート一覧を見る
## ラクロス部の合格エントリーシート一覧を見る
## 全ての合格エントリーシートを見る

◎この記事があなたのお役に立てたなら、ツイッターなどでコメントをもらえると嬉しいです↓