【21卒】積水ハウス(営業職) 本選考レポート 01


選考ステップ

  1. エントリーシート提出
  2. 二次面接(インターン優遇)
  3. 筆記テスト(玉手箱)
  4. 三次面接(WEB)
  5. 筆記試験(時事問題)
  6. 最終面接(WEB)

面接内容(以下Qが質問、Aが回答)

二次面接

面接官2名(50代男性)。面接会場は品川駅近くの会議室。面接時間は30分。面接の雰囲気は和やかで時折笑いも起こる面接であった。質問は下記の通り。

Q. 自己紹介(1分)
A. 大学時代のゴルフ部の経験と大学で学んでいる観光まちづくり学について話した。

Q. ゴルフ部でやり遂げたこと
A. 部活に新しくコーチを付けることにチャレンジしたこと

Q. 壁をどう乗り越えたか
A. 部員に反対されるという壁に対して部員から信頼を得るために自らが率先して練習に取り込む姿勢を見せたこと。観光まちづくり学で学んでいることを企業の新しい事業で活かすことが出来ること。

→好印象を与えた様子。

営業職を志望するため明るくはきはきと話すことを心掛けた。人柄を重視するためテストの点数よりも面接での態度に気を付けると良いと思う。

三次面接(WEB)

面接官1名(50代男性)。面接時間は20分。質問は下記の通り。

Q. 学生時代に力を入れたことについて(雑談に近い形)
Q. 入社後自分が活躍できるか
Q. 卒業単位は取得できているか
Q. 健康体であるか

質問は簡潔に答えることを意識しながらも活躍できることを熱意を込めて伝え、単位取得、健康にも問題が無いことを簡潔に伝えた。

二次面接の評価が良かった事もあり意思確認が中心の面接であった。

最終面接(WEB)

面接官1名(30代女性・人事部)。面接時間は30分。質問は下記の通り。

Q. 志望動機
Q. 学生時代に力を入れたこと
Q. 意思確認
→内々定後の連絡、逆質問。

繰り返しにはなるが、二次面接の評価が非常に大事な選考フローであると感じた。

この企業に受かる人 / 落ちる人

熱意とビジョンを持った人が受かりやすいと感じた。テストを実施しているが実際には選考にはあまり影響せず最低限の成績があれば受かると感じた。

それよりも面接での熱意を重要視している印象があり、入社後にどういった仕事を行うか、人生設計がきちんとできているかを重視する採用フローである。

就活を通して役に立った書籍やサイト、セミナーやイベント

インターンシップからの優遇ルートがあるので志望する学生はぜひ参加しておくのが良いと思う。

体育会就活生へのメッセージ

私は自分の想いを伝えたいあまり、長々と話をして落選してしまう経験があったので、想いを簡潔かつ結論から伝えることを意識すると良いと思います。頑張ってください。

## 積水ハウスの本選考レポート一覧を見る
## 建設 / 不動産の本選考レポート一覧を見る
## 全ての本選考レポートを見る

◎この本選考レポートがあなたのお役に立てたなら、ツイッターなどでコメントをもらえると嬉しいです↓