明治安田生命(総合職全国型) 内定者選考レポート 01


選考ステップ

  1. エントリーシート提出
  2. SPI(テストセンター)
  3. 職員面談
  4. グループディスカッション
  5. 人事面談
  6. 2次面接
  7. 最終面接

面接内容(以下Qが質問、Aが回答)

グループディスカッション

学生5人:社員1人(女性社員)。テーマ:「あなたが明治安田ハウスの職員になったとしてどの事業を推進しますか?」時間配分は、ディスカッション40分、発表30分。私たちのグループは誰が仕切ったとかはなく皆が皆発言をして進めていった。3つの事業があって3つの中から1つを選ぶのだが途中で面接官から情報が入ってきてそれによって意見を変えないといけなくなる。そこで意見をスムーズに変えることができることが重要だと感じた。そのため3つの事業のメリットデメリットをしっかりと見つけ出しとくことが大切だと感じた。

最後の発表は、面接官に2人当てられるので全員で意見を共有して理解しておくことが大切だと思った。私たちのグループはグループ自体がとても良かったので全員受かったがやはりグループディスカッションは良く発言する方が良いと思ったし、情報量があまりにも多いので一番後ろから情報を入手して行くといった手法もとても良いなと感じた。

人事面談

営業所長の男性(30代)と30分の面談。面接官がとても良い人で難しい質問は全くなく雰囲気もとてもリラックスした感じだった。職種が営業所長になるという職種なので、やはりリーダーシップであったりリーダーの経験などを述べることで面接官にも働いている姿を想像させやすくなるなと思った。後は明るさと熱意を伝えることで好青年のイメージをつけることができると思う。質問内容は以下の通り。

Q. 学生時代に頑張ったこと
Q. 志望動機
Q. どんな営業所長になりたいか?

2次面接

関西の人事最高責任者の方と30分の面接。 少し強面な顔の方だったか雑談も交えてくださりとてもリラックスして話すことができた。難しい質問もとんでこないので、はきはき自分のことを伝えることが大事だと思った。また第一志望という気持ちを本当に見せることが大事だと思った。ちょっとでも迷ってるなど下手なことをいうと落とされるような感じだった。熱意をしっかり伝えることが大事だと思った。質問内容は以下の通り。

Q. 学生時代に頑張ったこと
Q. 志望動機
Q. どんな営業所長になりたいか?

最終面接

15分の面接。関西の人も最終は東京で面接だった。最終は意思確認で本当の面接は2次で終わっているような感じがした。本当にくるか、仕事はやっていけるかなど聞かれるがしっかり自分の熱意を伝えるのが大事だと思った。その場で内定をいただいた。

この企業に受かる人 / 落ちる人

この企業の職種は管理職を目指すので、やはりリーダーシップのある人を好んだり、元気や熱意、熱い気持ちなどを持っている人を取ると感じた。また志望度が本当に大切だと思った。ちょっとでも下手なことをいうとダメな気がした。しっかり第一志望ということを伝えることが大事だと思った。

就活を通して役に立った書籍やサイト、セミナーやイベント

座談会やOB訪問などで実際に働いている方の話を聞くことが自分も働く上でイメージをつける大事なことだと感じた。

体育会就活生へのメッセージ

体育会は本当に部活と両立しなくてはいけなく大変だと思うが、就活は本当にタイミングや縁だと思うので、落ちてもすぐに切り替えて、違う企業に目指すことが大事だと思った。大変だとは思うが是非良い機会だし自分を成長させるためにも頑張ってほしいです。

## 明治安田生命の内定者選考レポート一覧を見る
## 生命保険の内定者選考レポート一覧を見る
## 全ての内定者選考レポートを見る

◎この内定者選考レポートがあなたのお役に立てたなら、ツイッターなどでコメントをもらえると嬉しいです↓