【18卒】合格エントリーシート 塩野義製薬 テニス

Q. 学業、ゼミ、研究室などで取り組んだ内容(400字以内)

私は大学で幅広い分野のリスクマネジメントについて学んでいます。特に、ゼミでは環境と社会との接点によって生じるリスクに対する意識、行動を明らかにする社会心理学を学んでいます。

現代社会の問題として、「伝え方」によって改善される問題が数多くあると考え、社会心理学の視点からリスクコミュニケーションを学ぶべく現在のゼミを選びました。ゼミでは、人はなぜリスクを冒すのかを解明、行動を変えるための提案、方策が有効かどうかの評価を行います。

具体例として、原子力発電所の移設問題などが社会心理学的問題として挙げられます。市民と行政、異なる利害を持つ関係者に対して、いかに公正な手続きを以って合意形成を図るか研究を行います。

医薬品を扱う上で、製品のリスク認知、使用して頂くための提案、使用して頂いた医薬品の評価が重要であると考えます。ゼミで学んだリスクマネジメント力、プレゼン力を是非御社で生かしたいと考えています。

Q. 学生時代に最も打ち込んだこと(400字以内)

学生時代に最も打ち込んだことは、体育会硬式テニス部の主務として、高校生、一般社会人に対してのテニス教室を開講した経験です。

私が所属するテニス部は全国3位の強豪ではあるものの、練習優先の風潮があり、地域貢献活動を全く行えていないことが現状でした。

そこで私は「地域貢献」と「テニス部の組織価値向上」の2つを目標に掲げ、テニス教室を通じて地域活性化、ファンの獲得、知名度の向上を図りました。イベントを行うに当たり、参加者の募集が問題点として挙げられました。それぞれのニーズに合わせ、高校生に対しては1DAYという手軽さ、一般社会人に対しては大学内宿泊施設を利用した合宿テニス教室で新しさをアピールしました。

その結果、予定人数以上のリクルートに成功し、イベントをきっかけに試合会場に足を運んで頂ける方、HPのアクセス件数を増やすことができました。貴社でも「誰かの為」という行動指針のもと挑戦を続けていきたいです。

Q. 自己PR(400字以内)

私は、素直かつ何事にも真摯に向き合うことで成果を上げる人間です。その力を最も発揮したのが、学生大会において格上の選手を破り、本戦出場を果たした経験です。

私は高校時代レギュラーとして活躍してきました。しかし、大学テニスは高校テニスよりも格段にレベルが高く、地方大会の本戦にさえ出場できない期間が2年間続きました。打開策として、素直に自分の弱さを認め、自分とテニスに対して真摯に向き合い、徹底的な弱点洗い出しを行いました。そして、弱点克服のために2時間の自主練習、20分以上のランニング、ダブルスペアとの戦略ミーティングの3つを試合前の1か月間毎日行いました。

これらの結果、格上の選手を破り本戦出場を果たすことが出来ました。このように、私は素直で何事にも真摯に向き合うことで道を切り開いていきます。貴社においても、素直かつ真摯に向き合うことで、患者様にとって最も良い薬を提供していきたいです。

Q. 志望理由(400字以内)

『BetterよりBestな医薬品の開発を行う唯一無二の企業。』製薬業界の企業研究を行う上で私が貴社に対して抱いた想いです。

多くの企業が、他社よりも良い「Better」な医薬品の開発を進めている中で、貴社では患者様にとって最も良い、現在持てる技術の全てを駆使した「Best」な高品質医薬品の開発を行っている企業であると強く感じました。私は、貴社で開発された医薬品の「Best」な情報提供を行い、シオノギバリューを体現するMRになりたいと考えています。

私は日本一を目指す体育会テニス部において主務という幹部職を担っており、裏方として日本一の部活環境を保証しています。日本一の部活環境を保障するためには、大学と部のパイプ役、年間スケジュール管理、金銭管理、部品管理など仕事は多岐にわたり、現在は組織価値向上に力をいれ新たなチャレンジを行っています。

貴社でなら、私の日本一の環境を保障してきた経験とチャレンジ精神が生かせると考え志望しました。

## 塩野義製薬の合格エントリーシート一覧を見る
## 製薬メーカーの合格エントリーシート一覧を見る
## テニス部の合格エントリーシート一覧を見る
## 全ての合格エントリーシートを見る

◎この記事があなたのお役に立てたなら、ツイッターなどでコメントをもらえると嬉しいです↓