【21卒】日本光電工業(総合職) 本選考レポート 07


選考ステップ

  1. エントリーシート提出
  2. SPI(テストセンター)
  3. 動画面接
  4. 部門面接(WEB)
  5. 最終面接(WEB)

面接内容

動画面接

録画した場所は自宅(どこでも可)。面接時間は10分。予め企業が録画した動画を見て、その質問に対して1分ほどで回答します(計5問)。質問は下記の通り。

Q. 学生時代に挑戦したこと
Q. その挑戦の中で困難に直面した時に取り組んだこと
Q. その中で特に工夫したこと
Q. 集団で一つの目標に向かった経験とその中での自身の役割
Q. 医療機器業界、及び日本光電を志望する理由

動画面接のため、普通の面接とは違う緊張感があると思います。明るい場所で、カメラをしっかりと見ながら聞かれたことに笑顔で答えることができれば大丈夫です。1分で答えるように言われるため、時間をなるべくフルで使いましょう。

部門面接(WEB)

面接官2名(中堅社員)。面接時間は30分。面接の雰囲気はあまり圧迫感はなく、学生の良さを引き出してくれます。質問は下記の通り。

質問内容:
Q. 自己紹介
Q. 就活状況
Q. 学生時代に学んだことと、それを会社でどう生かせるか
Q. 学生時代に力を入れたこと
Q. その挑戦の原動力
Q. 集団においてどういう役割を担うか
Q. 学生時代を点数化すると何点か
Q. 逆質問

いきなり就活状況について聞かれるため、驚きましたが、第一志望の場合はそこで強調するといいと思います。

志望動機は聞かれず、基本的にはエントリーシートの深堀をされるため、自己分析をしっかりとしておけば問題ありません。

最終面接(WEB)

面接官は3名(社長、ベテラン社員2名)。面接時間は20分。面接の雰囲気は社長がいるため、かなり緊張感がある。質問は下記の通り。

Q. 自己紹介
Q. 就活状況
Q. 志望理由
Q. どんな仕事がしたいか
Q. 学生時代に学んだことと、それを会社でどう生かせるか
Q. 学生時代に力を入れたこと
Q. 逆質問

質問についてはこれまでと似た質問に加え、会社にどう貢献できるかを重視されます。特に社長は海外経験もある方なので、英語や海外経験がある方は深堀されると考えていいと思います。質問は鋭いものが多いですが、しっかりと対処できれば大丈夫です。

この企業に受かる人 / 落ちる人

【受かる人】
・事前に準備をし、自分がどういう人間か簡潔に伝えられる人
・会社への熱意がある人
・これまでの経験と会社の求める人物像にマッチしている人

まず、動画面接は比較的通過率も高いので、油断せずにはっきりと伝えましょう。次に部門面接はその人が挑戦や周りを巻き込めるかなど、会社にマッチしているかが大切になります。体育会の部活で経験したことを分かりやすく伝えることが出来れば問題ありません。また、このあたりから熱意も大切になるのでに話の中でうまくアピールするといいです。

できなかった場合は、最後の逆質問の時間にアピールするといいと思います。最終面接は一貫性をもってどんな質問にも対応できる人が通過します。これまで以上に深堀をして聞かれたことに簡潔にこたえられるようにしておきましょう。

就活を通して役に立った書籍やサイト、セミナーやイベント

サイトはみん就・ワンキャリア・就活会議、イベントはアスキャリが開催するもののほかにスポナビ・アスプラのイベントに参加しました。

また学校が開催するセミナーはなるべく参加することをお勧めします。

特に日本光電工業はテストセンターを採用しているため、早めの対策をしておくと後で楽です。

体育会就活生へのメッセージ

自分たちの代の就活はちょうどコロナの感染拡大の時期と重なり、説明会の中止や面接の延期、採用の中断など、様々な影響を受けました。しかし、そうなった場合でもみんな同じ条件で就活をします。不測の事態がいつ起きるかもわからないため、なるべく早めに行動するといいと思います。

体育会の皆さんなら他の一般の学生と違い、学生生活の間一つのことに打ち込んだという強みがあります。しっかりと準備をすることでこの強みを最大限に活かし、必ず就活も成功させることが出来ると思います。頑張ってください!

## 日本光電工業の本選考レポート一覧を見る
## 医療機器メーカーの本選考レポート一覧を見る
## 全ての本選考レポートを見る

◎この本選考レポートがあなたのお役に立てたなら、ツイッターなどでコメントをもらえると嬉しいです↓