SGホールディングス 内定者選考レポート 01


選考ステップ

  1. エントリーシート提出
  2. 1次面談
  3. SPI(テストセンター)
  4. 2次面談
  5. 3次面談

面接内容

1次面談

人事の女性(40代前後)と1時間強の面談。京都本社にて。自身のがんばってきたこと、失敗談やそれをどう乗り越えたかなど、今までの自分について聞かれることが多かったように感じます。自身が大切にしている価値観や今までの経験に対して感じることなど正直に答えました。

2次面談

選択したコースのベテラン社員の男性(40~50代)と40分~50分程度の面談。面接官の都合により京都から大阪に変更。なぜこの会社、このコースを選択したのか、どんな点に魅力を感じたかなど尋ねられました。物流業界全体を含む仕事の内容の説明も含めながら、私が会社に対して感じている印象や抱いている思いと、会社が大切にしている価値観や仕事内容がどれだけマッチしているかを図られていたように感じます。

3次面談

人事部長の男性(50代)と1時間程度の面談。京都本社にて。今まで部活やアルバイトなどの場でどんな立場を任されることがあったか、またなぜその役職に選ばれたと思うかなど尋ねられました。その中で、一番苦労したと感じたこと、自分では良いと思って取り組んだことが裏目に出たことがあるか、それはなぜだめだったのか、その失敗から何を学んだかなど、一つのことから掘り下げて聞かれることが多かったように感じました。どんな環境でどのような経験をし、どれだけ考える力や、学ぶ力、感じ取る力があるかなどを見られていたような気がします。

この企業に受かる人 / 落ちる人

何かに全力で取り組むことができる人で、簡単に諦めず、その中でしっかりと自分の意見を持っている人。目標を設定しそれに向けてどう取り組むべきか考え、工夫し、失敗を次につなげていけるような人が選ばれるのではないかと考えました。あまり深く考えずにフィーリングで物事に取り組む人や、自ら率先して行動することなく、いつも周りに任せて責任者として役割を担うことを避けてきたような人は、選ばれにくいのではないかと感じました。

就活を通して役に立った書籍やサイト、セミナーやイベント

私はほとんどセミナーには参加しておらず、学校のキャリアセンターにも一度も行ったことがなく、場所さえ知らない状況だったのですが、唯一参加したアスリートキャリアカレッジの元野さんのお話を参考に履歴書などを作成したところ、お褒めいただいた企業もあったので、大変感謝しております。とても内容の濃い良いセミナーだったと感じています。

体育会就活生へのメッセージ

私は自信が抱いている価値観に沿った会社に入りたいという思いを大切にしていたため、面接などではその会社に合わせて自分を作るのではなく、自分の思いを正直に話すようにしていました。始めから会社に合わせようという思いを持っていなかったため、軸がぶれることはあまりなく、十分に就職活動ができたとは決して言えませんが、そんな中でも絞った内でとてもいい企業に出会えたと感じています。悩んでも解決はしないので、周りに相談してヒントを得て、最後は自分の感覚を信じることが大切であると感じました。

## SGホールディングスの内定者選考レポート一覧を見る
## 陸運 / 海運 / 物流の内定者選考レポート一覧を見る
## 全ての内定者選考レポートを見る

◎この内定者選考レポートがあなたのお役に立てたなら、ツイッターなどでコメントをもらえると嬉しいです↓