【21卒】大林組 インターン体験記 01

インターン体験概要

企業名 大林組
職種 事務系総合職
開催時期 2020年2月
開催日数 1日間
開催エリア 大阪府
開催場所 外部研修会場
給与発生 なし
昼食(費)の支給 なし
交通費の支給 なし
インターン内での残業 なし

インターン選考

なし

インターンのテーマ・内容


・テーマや課題
事務職のロールプレイング

・内容
受付を済ませると机に案内され、4~5人で1グループになる席に着席した。まず講義として建設業界や大林組について教わった。

その後、グループワークとしてロールプレイングを行った。具体的には、大林組とそれを取り巻く会社のカード・大林組の職種が書かれた役割カード・建築資材カードをボード上の正しい位置に配置して正解を目指すものだった。

その後、社員の方と座談会を行った。ブース形式で、約15分×数セットあったので、様々な役職の方のお話を聞くことができた。

本選考優遇の有無・参加後の志望度変化など

・インターンで学べた業務内容
事務

・参加者への優遇有無
はい

・優遇内容
早期選考への案内

・インターン参加後、志望度は上がった?下がった?
上がった

・志望度変化の理由
まず社員の方々の印象が良かったから。加えて、事務職といっても様々あり、現場監督からデスクワークまで多岐にわたるので、楽しそうだと思えたため。

・インターン参加後に社員や人事からの連絡(個別面談 / OBOG紹介 / 交流会など)はあったか
いいえ

・参加学生のレベル
普通

・そのように考える理由
選考がないタイプのインターンだったので、特にレベルを意識する場面はなかった。

社員の雰囲気や対応

一言でいうと、とても良い印象を受けた。座談会の際には、若手からベテランまで、事務職の中の様々な職種についている方々がいらっしゃり、偏りなくお話を伺うことができた。

また、給与面や福利厚生・飲み会など、少し聞きづらい話題に対してもオープンに話してくださったため、好感が持てた。

皆さんがそれぞれ業務は大変なリにもとても楽しく、やりがいをもって納得して働いていることが分かったので、雰囲気も良いのだと感じた。

この企業のインターンを通して学んだこと

ビル一つやダム、公共施設を作り上げるには、本当に幅広い、川上から川下までたくさんの人が関わっているということを学んだ。

また、施工会社や資材会社や大工さんなど、すべての関係者の一番上に立つのがゼネコンなので、お給料も安定していることを学んだ。

この企業のインターンを受ける後輩へのアドバイス

ゼネコンや建築に全く知識がなくても大丈夫だったので、リラックスして、興味だけを忘れずに参加すればいいと思います。

社員さんとお話しできる機会があれば、貴重なチャンスなので聞きたいことがあれば、臆せずに聞くべきだと思います。

班ごとのロールプレイングは、結果を争うものではないので、チームワークを大切に頑張ってください。

## 大林組のインターン体験記一覧を見る
## 建設のインターン体験記一覧を見る
## 建設 / 不動産のインターン体験記一覧を見る
## 全てのインターン体験記を見る