【23卒】オリックス インターン体験記 01

インターン体験概要

企業名 オリックス
職種 総合職
開催時期 2021年9月
開催日数 1日間
開催場所 オンライン
給与発生 なし
昼食(費)の支給 なし
交通費の支給 なし
インターン内での残業 なし

インターン選考

ステップ1.ES提出 
ステップ2.筆記・WEBテスト

インターンのテーマ・内容


・テーマや課題
投資事業グループワーク

・内容
ワーク資料を見ながら、複数社への投資をオリックスならではの視点で検討する。

それなりの金融に関する知識が必要であった。解説時に、この投資先が過去にオリックスで扱った案件であることが明かされた。

本選考優遇の有無・参加後の志望度変化など

・インターンで学べた業務内容
営業

・参加者への優遇有無
あり

・優遇内容
後日、ESと動画の提出が求められ、それに合格すると冬に対面でのインターンシップに参加することができる。

・インターン参加後、志望度は上がった?下がった?
上がった

・志望度変化の理由
いまいち何をしているかわからない企業であったが、明確にオリックスについて理解できたから。

・インターン参加後に社員や人事からの連絡(個別面談 / OBOG紹介 / 交流会など)はあったか
いいえ

・参加学生のレベル
普通

・そのように考える理由
早稲田大学やマーチ、関関同立の学生がほとんどであったから。

社員の雰囲気や対応

社員とは、あまり接する機会がなかったため雰囲気や対応については理解しがたい。

会社に関しては、ファイナンスに軸足を置きつつ幅広い業界知識を得られる、若手のうちから手を挙げれば機会が与えられる、多様な事業があるからこそ自分だけのキャリアを描けるなどの魅力を感じた。

この企業のインターンを通して学んだこと

金融の投資目線での事業投資を行うため、自社とシナジーがある企業のみならず、実際の事業とかけ離れた企業への投資も実行、戦略、純投資が可能。

また、オリックスのノウハウを提供することで投資企業の価値向上を目指すため、より深く経営に携わることが可能。

この企業のインターンを受ける後輩へのアドバイス

テストと簡単なESの提出で参加できるため、金融業界に少しでも興味があれば出してみるべきである。

また、順調に進めば、早期選考にも進むことができるため、早く就活を終わらせ、部活動などにも集中することができる。

この企業のインターンで重視されていた点

webテスト。本当は2日間の内容であったが、おそらく私の場合は点数が低かったため、1日間のインターンシップに案内された。その後のフローは、2日間の人たちと一緒であった。

## オリックスのインターン体験記一覧を見る
## クレジットカードのインターン体験記一覧を見る
## 金融のインターン体験記一覧を見る
## 全てのインターン体験記を見る