【18卒】合格エントリーシート 清水建設 ゴルフ

Q. 現在学んでいる学問(建築や経済など)を選んだ理由をご記入ください。(200文字以内)

以前から環境問題に関心があったことから、環境法を専門に学べる学部として地球環境法学科へ入学した。そのなかでも国際環境法を専攻した理由は、「南沙諸島埋め立て」や「マグロ漁獲量規制」などよく耳にする問題に対して国際法の観点からアプローチすることに魅力を感じたためだ。また、以前から世界遺産に興味があったことから、世界遺産と国際法を絡めた研究をしてみたいと考えていた。

Q. 現在取り組んでいる学問についてお書きください。(50文字以内)

国際環境法を専攻。複数国家が絡む複雑な判例を理解するため、海外の文献を用いて類似の事例を探した。

Q. 現在取り組んでいる学問を選んだ理由をご記入ください。(200文字以内)

「武力紛争発生時の文化遺産保護」をテーマに研究を行っている。国家のアイデンティティである文化遺産は、紛争発生時に破壊の対象とされることが多い。最近も、イスラム国戦闘員によってパルミラ遺跡が破壊された。紛争中の文化遺産を保護する法制度は十分に機能していないのが現状であることから、この法制度に武力紛争法を適用できないかと考えた。個人への厳罰化を進めることで、破壊の抑止力になるのではと考えている。

Q. 学業以外で最も力をいれたことをお聞かせください。(200文字以内)

ゴルフ部での活動に打ち込んできた。大学2年時、スコアが伸び悩んでいた。力を発揮できない原因を分析すると、体力がないことが判明。それからは体力をつけるため毎朝走る習慣をつけた。すぐに効果は出なかったが、80台を出すという目標を達成するために努力を続けた。半年後、スコアが徐々に良くなり、3年時の大会では83で回ることができた。今でも困難に直面した際は「足りないもの」を第一に考えやり抜くようにしている。

Q. 当社への志望動機についてお書きください。(400文字以内)

復興事業を通して、東北地方に貢献したい。これが建設業を志望する理由だ。

山形県出身の私は、東日本大震災発生直後、甚大な被害を受けた宮城県の街を見てきた。大きくうねった道路を目の当たりにしたときは衝撃を受けた。だが、数年後再訪した時には震災前と変わらない光景が広がっていた。「やっと安心できるよ」と呟いた友人の笑顔が忘れられない。当たり前の環境がどれだけ人々に安心感をもたらすかを痛感すると同時に、生活を支えるインフラ整備に携わることで社会に貢献したいと強く思った。

貴社は、陸前高田市での復興事業を進めてきた。また、完成までの全体工期を大幅に圧縮するため、CM方式やファストトラック方式を採用。持てる技術を最大限活用し、迅速に復興事業を進める姿に共鳴した。復旧作業は道半ばと言われているが、貴社の土木事業において現場事務をはじめとする事務系業務という立場で携わり、東北地方の活力を取り戻したい。

Q. あなたの強み・長所についてご記入ください。(各30文字以内)

設問1:課題や困難に対する取り組み姿勢
取り組むべき課題を見つけ、最後までやり抜くことができる。

設問2:対人関係
幅広い年齢層の方とすぐに打ち解けられる。

設問3:他者からの評価(家族・友人等)
すぐ実行できる行動力があると評価される。

Q. あなたの弱み・短所についてご記入ください。(各30文字以内)

設問1:課題や困難に対する取り組み姿勢
課題を一度に解決しようとして、頓挫することが多々ある。

設問2:対人関係
時折、緊張してしまうことがある。

設問3:他者からの評価(家族・友人等)
頭が固いと言われる。1つの考えに固執してしまうことが多い。

Q. 強み・長所 / 弱み・短所を踏まえ、最も自信がある力について選択してください。その他を選んだ方は●●力と端的に記入をしてください。
選択肢:『計画力』『忍耐力』『統率力』『機動力』『決断力』『推進力』『発想力』『冒険力』『主張力』『その他』

『忍耐力』を選択

Q. 建設業界以外で興味のある業界をご記入ください。(50文字以内)

鉄鋼業界や海運業界など、社会や人々の生活に大きな影響力を与えることのできる業界に興味がある。

## 清水建設の合格エントリーシート一覧を見る
## 建設系企業の合格エントリーシート一覧を見る
## ゴルフ部の合格エントリーシート一覧を見る
## 全ての合格エントリーシートを見る

◎この記事があなたのお役に立てたなら、ツイッターなどでコメントをもらえると嬉しいです↓