【19卒】合格エントリーシート 三菱地所 サッカー

Q. あなたが学生時代にした最大のチャレンジは何ですか。(300文字以上500文字以下)

私の目標は「日本一のマネージャーになること」です。

体育会サッカー部に所属しマネージャーを務めています。その中でマネージャーは裏方と思われることが多く、実際に日本一を獲得できるのは選手だけだと考えられることが多くありました。

そこで、私の存在でサッカー部を日本一にしてみせたいと強く思うようになりました。そのためには、まずは自分が日本一のマネージャーにならなければならないと思いました。

最も積極的に挑戦したことはオリジナルな行動をとることです。マネージャー全員が同じ行動をするという問題点がある中で、同じ動きをしていては225人もいる選手の要求に応えられないと考えました。その中で私は”気付き”の力を大事にしました。

オリジナルな行動をとるには選手の要求を汲み取り、選手を知る必要があると考えました。仲間との会話量は部内1であると自負しています。会話をする中で、選手の小さな変化を読み取り、私が気づくことで選手との1対1で生まれるマネジメントを多く行うことが出来ました。選手との信頼関係においては日本一と胸をはって言えます。

高みである、日本一のマネージャーという目標への階段を一歩ずつ登れていると感じています。

Q. あなたが大切にしている信念は何ですか。それを培ってきた経験をふまえて教えてください。(300文字以上500文字以下)

私は2017年夏に難病を患いました。20年間生きていた中で初めて死を身近に感じました。

当たり前の日常がいつ失われるかなど、誰にも分りません。会いたい人に会える、やりたいことができる、そんな当たり前の日常は当たり前ではないのです。いくつもの奇跡が重なっています。「当たり前を当たり前だと思わない」ことは感謝や笑顔、挑戦につながります。

毎日、私を楽しませてくれるサッカー部員。当たり前のようにいつも笑わせてくれますが、選手がいなければ、それは当たり前の事ではありません。すると、その選手との会話が終わった後には自然と「ありがとう」の言葉や笑顔がこぼれます。

さらに、今、明日にはできないことが目の前にあるかもしれません。後悔はしたくありません。難病を抱えたマネージャー、もしかするとオンリーワンかもしれません。失敗を恐れずに、挑戦するのみです。

当たり前への感謝「ありがとう」を世界一伝える人になろうと思いました。

Q. あなたは三菱地所でどのような仕事をし、何を成し遂げたいですか。そのように考える理由も併せて教えてください。(300文字以上500文字以下)

学内説明会で「オーケストラの指揮者」のような仕事と言われていたことが頭に残っています。

私はそのオーケストラの指揮者のような仕事をし、「人を想う力」の限界へと挑戦し、多くの人々の笑顔を創造したいです。

249人の部員を擁する●●大学体育会サッカー部でマネージャーを務める中で、全選手が整った環境で活動が行えるように、チーム運営を行ってきました。6チームある中で、選手を動かすことは容易ではありませんでした。

しかし、「オーケストラの指揮者」という言葉を聞き、様々な楽器の音色を一つにまとめ上げているオーケストラの指揮者のように、私も様々な個性を持った選手たちを一つの方向へと導いていたように感じました。

さらに、いつ何時も選手・チームを想い行動してきた私にとって「人を想う力」はずば抜けてあると思います。人を想った考動の極限を追求し、大好きな笑顔を創造し、世界中を笑顔で溢れさせるためには、サッカー部のマネージャーで培った経験が生かせるフィールドが貴社にはあると感じたからです。

## 三菱地所の合格エントリーシート一覧を見る
## ディベロッパーの合格エントリーシート一覧を見る
## サッカー部の合格エントリーシート一覧を見る
## 全ての合格エントリーシートを見る

◎この記事があなたのお役に立てたなら、チームメイトや他大学の友人にシェアしてもらえるとありがたいです↓