【19卒】合格エントリーシート 三井住友海上火災保険 硬式野球

Q. 困難に向き合い、乗り越え、実現してきた経験を教えてください。(300文字以内)

部員157名を有し、選手個々の能力は高いと言われながらも、9年間日本一から離れているチームの状況を変革するために、他チームとの比較を行い、フィジカル面での劣勢が顕著であった為、「食事改革」を提案・遂行しました。

フィジカル強化によりどんな効用があるのか、様々な事例を調査し、選手が得心して取り組んでもらえるよう、入念に提案の準備を行いました。実施後、3ヶ月で平均体重は3.5kg増量し、選手個々が飛距離のアップなど、その効果を実感しています。

食事という日常的に対する小さな意識の変化が、フィジカル面だけでなく、精神面においても、団結力の強化などプラスの連鎖を生みだすことが出来ました。

Q. 異なる価値観に影響を受けた経験を教えてください。(300文字以内)

高校まで選手として野球に携わっていましたが、大学野球部ではマネージャーとして携わることになり、マネージャーの先輩方の考え方や行動に大きな影響を受けました。

選手時代は、自分の技術の向上を第一とし、それがチームの勝利に結びつくものと考えていました。しかし、マネージャーとして、より円滑にチームがまとまっていくために最善を尽くすことは、幅広い視野、相手の気持ち、行動の予測等、様々な視点が必要となりました。

どのタイミングで、どのように伝えるか、コミュニケーションの手法にも細心の注意を払いました。社会に出る前に、このような視点を持てるようになったことは、自分にとって大きな武器であると自負しています。

Q. 自ら学び考え、行動した経験を教えてください。(300文字以内)

毎年入部してくる新入生のスカウティングです。

良い選手が一人でも多く入って欲しいと思い自分なりに多くのアプローチをしました。高校のグラウンドや大会中の球場に足を運ぶことや、未来の野球部員のために野球教室を開催し、参加していただいた小学校・中学校の選手を神宮でのリーグ戦に招待するなど、一人でも多くの高校生以下の学生が東京六大学、●●大学野球部に興味・関心を持ってもらうために取り組みました。

自分から挑戦して実行に移すことで、一人でも多くの方に影響を与えることができることにやりがいを感じました。今年は3年連続で40人を超える新入生が入り、チームの底上げにも繋がっています。

Q. 他者を巻き込み、リーダーシップを発揮した経験を教えてください。(300文字以内)

チームの勝利に貢献するため、5名のデータ分析班の統括リーダーとして、データ分析の精度を上げ、有意なデータ提供を行いました。

従来、相手チームのおおまかな傾向などのみの形だけのデータ利用にとどまっていたため、相手チームだけでなく自チームの選手個々の特徴やクセを知ることで、練習の際の意識変化にも繋がりました。

その有用性を選手自身が意識してくれたことにより、データ分析班担当だけでなく、選手が積極的に分析に協力してくれる結果となりました。

効率を求め、時間を設定し集中して行うこと、そして、重要と思われる部分では、労を惜しまず徹底してやり抜く、この二点を重視し、遂行しました。

Q. 三井住友海上を志望する理由を教えてください。(200文字以内)

大学野球部でのマネージャーの経験から、人々の挑戦を支える仕事がしたいと考え、貴社を志望します。

相手の立場に立って考えることや、データや具体的な例を駆使し、説得力のある提案をすることでより最適な選択をし、チームが一つの目標に向かって進むためのマネジメントを行うことにやりがいを感じました。

国内およびアジア等の海外での強い基盤がある貴社の一員として、一早く信頼を勝ち取り、多くの方を支えたいです。

## 三井住友海上火災保険の合格エントリーシート一覧を見る
## 損害保険の合格エントリーシート一覧を見る
## 硬式野球部の合格エントリーシート一覧を見る
## 全ての合格エントリーシートを見る

◎この記事があなたのお役に立てたなら、チームメイトや他大学の友人にシェアしてもらえるとありがたいです↓