【22卒】合格エントリーシート デロイトトーマツコンサルティング 準硬式野球

Q. 自己PRをお願いします。(250文字以内)

私は分析力と粘り強さを兼ね備えた人間である。

準硬式野球部では、自身の投球障害克服のために、投球動作が上手な選手と自身の比較による分析を行い、課題を明確化した。その後フォーム定着のために、思い通りにいかない状況下においても、毎日50回の投球練習を3年間に渡り継続する事で投球障害を克服した。

筋の良い解決策の土台となる地道な分析過程において、上記の2つの強みを生かすことで、クライアントならびに社会の持続的成長に貢献できると考えている。

Q. 学生時代に頑張ったことを教えてください。(250文字以内)

準硬式野球部で、練習期間外の練習方法の改善に取り組んだ。

弊部では、リーグ戦の後半の戦績低下により優勝を逃していた。戦績の低下時期が、授業期間と重なる事から、練習機会の減少に伴う、個人の練習量の低下が課題だと考え、改善を図った。部員に目標シートを配布し、目標達成の為に行う事を明確化した。その後、練習のモチベーション低下を防ぐ為にSNSで少人数グループを作成し、練習報告並びに部員同士でアドバイスをできる環境を作った。

練習量の低下を自宅練習で補填する事で、秋季リーグ戦で優勝することに成功した。

Q. 自分の長所・短所についてエピソードをまじえて教えてください。(250文字以内)

長所は粘り強さである。所属する準硬式野球部では、3年間かけて投球障害を克服した。正しいフォームの獲得の為に、思い通りに行かない状況下においても、毎日50回もの投球練習と他者からのアドバイスによるPDCAを徹底的に回した。その結果、投球障害の克服に成功し、守備での試合出場を達成した。

短所は負けず嫌いなことによる、他者の成功を素直に喜べない事である。現在は相手の素晴らしい点を認めると共に、自分自身の目標達成へのモチベーションとして、この感情を受け入れるように取り組んでいる。

Q. 困難を乗り越えた経験を教えてください。またそこから何を学びましたか。(250文字以内)

所属する体育会準硬式野球部で、学年副主将として、メンバー外選手の底上げを行い、六大学リーグ●位を達成したことだ。

私の部活動では、リーグ戦のメンバーに外れた選手のモチベーションが低下し、メンバー入れ替えが行われないことで、メンバーの危機感が希薄化する問題があった。モチベーション低下の要因は、モチベーションの源となる、明確な目標の欠如だと仮説を立て、2段階で問題解決に取り組んだ。

第一段階では、日常の会話や相談事等の関わりを増やすことで、信頼関係を強固にした。第二段階では、メンバーから外れてしまった際には、当人の本心を忖度し、自主練習を共にすることで、それに応じた「目標の設定・練習実施状況の確認・実行の支援」に取り組んだ。

取り組みの結果、メンバー外選手のモチベーションが向上した。2名の入れ替え選手が現れ、メンバーの意識が変化した。一連の流れにより、チームの底上げがなされ、六大学リーグ●位を達成した。

## デロイトトーマツコンサルティングの合格エントリーシート一覧を見る
## 国内コンサルの合格エントリーシート一覧を見る
## 準硬式野球部の合格エントリーシート一覧を見る
## 全ての合格エントリーシートを見る

◎この記事があなたのお役に立てたなら、チームメイトや他大学の友人にシェアしてもらえるとありがたいです↓