【22卒】合格エントリーシート トヨタ車体 陸上競技

Q. 志望理由と一番最初にやりたい仕事を教えてください。(300文字以内)

貴社は、トヨタの車種の中でも世界の人々に支持される「暮らしを豊かにするクルマ」を造っている会社だからです。

耐久性に加え、積載性や悪路走破性などの実用性が高く、全ての国や環境、用途に対応できるクルマであり、物流や福祉までモビリティ社会に不可欠な存在だと考えます。

私は、インターンシップで新車種の製造プロセスの流れを体験し、「ヒト・モノ・カネ」を意識することの重要性や、バン事業移管による貴社の変化も実感しました。私はまずは現場に近い生産管理部門で働き「ヒト・モノ・カネ」を効果的に結び付けるスキルを身に付けると共に、最終的には製造からユーザーまでを一貫して見通し貢献できるような人材になりたいです。

Q. 大学時代に最も力を入れてチームで取り組んだこと(名称)について記入してください。 (部活、サークル活動、海外ボランティア活動、アルバイト経験など)(300文字以内)

私が最も力を入れたことは、陸上競技です。中でも、ハードルパート長としてチームの強化に取り組みました。

私が入学当初のパートは弱小で、部員が別々に好きな練習を行っている状態でした。私は皆で練習を行うことが、コミュニケーションやアドバイスで相乗効果を生み出せると考え提案しました。また、個々の練習を分析し、各々のこだわりや課題を浮き彫りにしました。私は、各々が良いと思う練習法の動画等を共有し、提案できる雰囲気作りや、部員一人一人にヒアリングし、納得してもらった上で、追加すべき練習メニューの考案を行いました。

その結果、皆で高め合いながら練習するようになり、自己ベストを更新する部員も増加しました。

Q. 大学の授業で興味を持った内容を教えてください。(300文字以内)

興味を持ったことは民事法学で、ゼミで扱った土地の権利関係を巡る訴訟や不法行為に基づく損害賠償請求訴訟の判例です。

例えば、ある化学メーカーの売却した土地が土壌汚染されており、買主が除染による損害賠償を求めた事例で、売却後も売主の責任が半永久的に追求されるかが議論されました。

また、認知症患者と企業との間による事故の判例は、高齢化が進む社会の変化に伴って、成年後見人のあり方などを見直す転機となりました。

私は、このような企業関連の判例に興味を抱き、企業同士または企業と個人間での法律問題を学びました。私はこの学びで、民法を個人として用いるだけでなく、企業の一員としても知識を役立てる機会があると考えます。

## トヨタ車体の合格エントリーシート一覧を見る
## 自動車 / 自動車部品メーカーの合格エントリーシート一覧を見る
## 陸上競技部の合格エントリーシート一覧を見る
## 全ての合格エントリーシートを見る

◎この記事があなたのお役に立てたなら、チームメイトや他大学の友人にシェアしてもらえるとありがたいです↓