【22卒】合格エントリーシート 京都銀行 テニス

Q. 志望動機をご記入ください。(200文字以内)

私はお客様の夢の実現のために「人間力」を活かし、「金融及び経営面のサポート」をしたいと考えるため、銀行業界を志望しました。中でも貴行を志望した理由は2つあります。

1つ目は、文化という貴重な財産を多く持ち、歴史・観光都市である「京都」の発展に貢献できる点です。「京都」の伝統産業を発展させるための方法として、企業と連携して新製品を開発し、「新しいカタチ」としてより多くの人に「京都」の魅力を伝える事にも挑戦したいと考えています。

2つ目は、人材育成の仕組みが充実している点です。金融大学校という行員として必要なスキルを磨く事のできる「学びの場」を最大限に活かして、多くの人から頼りにされる行員に成長したいと考えています。

私は部活動で、地道な努力を継続し、相手の立場に立って物事を考える経験を積んできました。貴行ではお客様の悩み解決のために努力を怠らず、常にお客様視点で働く事で貢献したいと考えています。

Q. あなたがこれまでに一番頑張ったことは何ですか?(200文字以内)

体育会硬式庭球部で、関西地区の本戦出場に向けて練習に取り組んだ事です。

入部当初は部内で最も弱く、練習に食らいつく事で精一杯でしたが、全国を目指す先輩や同輩の刺激を受け、本戦出場を目標としました。予選敗退の原因として、自分からのミスが多く、持ち味であるスタミナが活かせていない事だと考えた私は「ミスの少ない粘り強いテニス」を実現する事が課題であると考えました。

そこで、正規練習後やオフの日には、ネットのリスクが低い、高い軌道での球出し練習を毎日行う事で、打感を体に覚えこませるようにしました。また、毎日8キロ以上のランニングといった鍛錬を継続し、脚力と長時間の試合で勝ち切れる粘り強さを身に付けました。

結果、本戦には出場できていませんが、3回戦・準決勝へと着実に進歩しており、最後の夏の大会で必ず本戦に出場できるよう日々取り組んでいます。この経験から、目標に向かって地道な努力を継続する力を得ました。

Q. 京都銀行で、どのような人へ成長していきたいか?(400文字以内)

多くの方から頼りにされる人へ成長していきたいと考えています。

銀行業では命の次に大切なお金を扱うため、お客様との「信頼」があってこそ成り立つ仕事であると思いますが、その「信頼」とは信用を以って頼る事であり、頼りにされる存在になる事が「信頼」の土台にあると考えるからです。

硬式庭球部に入部した当初の主将はテニスの技術や戦略に関してだけでなく、トレーニング・栄養管理・精神面などどの分野においても知識が豊富で、後輩に対しても的確なアドバイスをくれる事から、まさしく「頼りにされる存在」の象徴でした。私はそんな主将を尊敬しており、自分自身もそうなりたいと感じました。

貴行の行員として働く事ができましたら、金融大学校という充実した「学びの場」で金融の知識、実践力を会得し、部活動の経験から培った継続力、相手の立場で物事を考える力を発揮する事で、地域の方々から頼りにされる行員へ成長したいと考えています。

## 京都銀行の合格エントリーシート一覧を見る
## 銀行の合格エントリーシート一覧を見る
## テニス部の合格エントリーシート一覧を見る
## 全ての合格エントリーシートを見る

◎この記事があなたのお役に立てたなら、チームメイトや他大学の友人にシェアしてもらえるとありがたいです↓