【22卒】合格エントリーシート 京都銀行 バスケットボール

Q. あなたがこれまでに一番頑張ったことは何ですか?(200文字以内)

バスケットボール部のマネージャーとしての活動だ。選手だった高校時代にマネージャーに支えられた経験と、新しい事に挑戦することで自身の成長に繋がるのではという思いから入部を決めた。

活動では周囲と信頼関係を築き、頼られる存在となって選手の活動を支えることを目標として取り組んだ。入部当初は与えられた仕事をこなすことに注力して自己満足の下で活動していた。

しかし、それではチームに貢献できていないと気付き、言われたことを行うのではなく、相手の求める事を自ら考え、主体的に行動する必要があると考えた。練習中は選手や監督をよく見て早めに次の練習メニューの準備に入ったり、体調の悪そうな選手に率先してドリンクを手渡すなどの行動を日々心掛けた。

結果として周囲の信頼を獲得し、現在は責任のある役割を任されている。この経験から洞察力や主体性が身につき、それらを今後のチーム運営や社会で生かしていきたいと考える。

Q. 京都銀行で、どのような人へ成長していきたいか?(400文字以内)

期待以上の価値を提供できる人へ成長していきたい。

私はバスケットボール部のマネージャーをする中で、相手が求めていることを自ら考え行動したり、+αの知識を身に着け活用する事で信頼関係を構築してきた。言われたことをこなすだけでは人を支えることにはならず、相手の期待以上の行動でサポートすることこそが、真の「貢献」だと実感してきた。

銀行員としても、お客様の顕在的なニーズだけでなく、真のニーズを自ら掘り起こして、価値を提供し続けることこそがお客様を支えることに繋がると考え、成長していきたいと考える。そのためには、まずは専門的な知識を身に着け、どんな時も些細な疑問に答えられるようになりたい。加えて、多くのお客様と関わり、経験を積む中で課題発見能力や解決能力を高めていきたい。

常に現状に満足することなく、考え続け、取り組み続けることを大切にしていきたい。

## 京都銀行の合格エントリーシート一覧を見る
## 銀行の合格エントリーシート一覧を見る
## バスケットボール部の合格エントリーシート一覧を見る
## 全ての合格エントリーシートを見る

◎この記事があなたのお役に立てたなら、チームメイトや他大学の友人にシェアしてもらえるとありがたいです↓