【20卒】合格エントリーシート 滋賀銀行 硬式野球

Q. あなたが滋賀銀行を志望する理由をお聞かせ下さい。

私が貴行を志望する理由は「人々の挑戦を支える仕事がしたい」と考えているからだ。

私は肘を怪我した事を機にプロ野球選手になる夢を断念した。私のように夢半ばで諦めてしまう人を少しでも減らしたいと考えている。

そんな私にとって戦略的、資金的に企業の新たな挑戦を支える仕事は私に大きなやりがいを与えてくれ、中でも私の地元である滋賀県でお客様に必要とされる行員として挑戦を支えたいと考えているため貴行を志望する。

Q. あなたは自分自身にどのような魅力があると思っていますか?自己PRも含めてご記入下さい。(200文字以内)

私は「濡れぬ先の傘」を信条としている。

万が一の為に準備しておくことは、失敗を未然に防ぐことに繋がると考えており、私は普段から就寝前の習慣として、一日の反省を踏まえ改善点を洗い出し、翌日に備え頭の中でシチュエーションを想定するという作業を、体育会硬式野球部の活動でこだわりを持って継続している。

このように将来予測されるリスクや出来事に対して入念に備える事のできる「120%の事前準備力」が私の魅力だ。

Q. 学生時代に力を入れて取り組んだことについて異なる分野のエピソードを2つご記入下さい。(各250文字以内)

エピソード1

体育会硬式野球部の活動だ。

その中で投手の球速が伸びない問題があった。その原因を考えた時に当時のチーム状況として、トレーナーが考えた練習メニューに対し文句を言う選手がチームの6割を占めていた。

私はこの部分に起因するものがあると思い、各人が思う効果的メニューの提出を求めることを投手リーダーに提案した。これに伴い、各人に役割を持たせることで当事者意識が高まり責任感を持つようになった。

その結果伸び悩んでいた各投手の球速が1km~2kmアップした。この活動を通して、対策を立案し、周囲を巻き込む力を発揮できた。

エピソード2

ゼミでのディベート2人で資料を作りあげたことである。

通常私のゼミは5人1組でチーム結成し、ディベートを行う。しかしそのうちの3人は部活動やアルバイトなどの事情により、ディベートまでの準備の会議に一度も参加ができないという問題が生じた。

私はディベートをより良いものとするために、なんとか時間を割いて参加できないかと3人に呼びかけた。結局、参加はできなかったが当日ディベートを迎えた際にスムーズに進行させるために、相手の主張に対して反駁する意見は私ともう一人が担当し、反駁されたときの対処として、内容を予測し、それに対する返答を何通りも用意して、残りの3人が答えられるように工夫した。

このように役割分担することで、一人に対する負荷は偏ってしまったものの、リーダーシップを発揮し、チームをまとめることができた。

この経験は将来仕事に就き、チームとしてプロジェクトを任されるとき、何らかの事情でメンバーが欠けてしまってもそれに対応し、リーダーシップを発揮することができると考える。

ディベートを成功させる上で最も重要なことは「事前準備力」と「組織力」だと学んだ。突発的な問いに対応するためにはありとあらゆる場合のリスクを洗い出し対策を打たなければならない。

## 滋賀銀行の合格エントリーシート一覧を見る
## 銀行の合格エントリーシート一覧を見る
## 硬式野球部の合格エントリーシート一覧を見る
## 全ての合格エントリーシートを見る

◎この記事があなたのお役に立てたなら、チームメイトや他大学の友人にシェアしてもらえるとありがたいです↓